「フォロースルーを大きく取ろうとしすぎて、かえってヘッドが走っていないアマチュアが多い」と話すのは、破天荒なキャラクターで人気の武市悦宏プロ。飛ばしに必須な“ヘッドを走らせる”感覚を身につけるための、とっておきのドリルを教えてくれた。

右足前で手元を止めてヘッドを回す

飛距離はフォローの大きさで決まる、と思っているゴルファーは多いのではないだろうか。しかし、フォローを大きく出そうとすればするほど、手元が体から離れ、ヘッドが走らない現象が起こり、逆に飛距離が伸びないという武市プロ。

画像: 手でフォローを大きくしようと思っても、ヘッドは走らない

手でフォローを大きくしようと思っても、ヘッドは走らない

飛距離アップを目指すには、まずはヘッドを素早く加速させる感覚をつかむことが重要。そのための練習法として、右足の前で手元を止めて、その場でヘッドをグルッと一回転させて打つという。一体どういうことなのか?

ヘッドを走らせる感覚をつかむには、右足前で手元を止めて、ヘッドをクルッと回して打つ練習ドリルが効果的だという武市プロ。このドリルの真意について、次のように説明する。

画像: 右足前で手元を止め、ヘッドをクルッと回して打つと、ヘッドを走らせる感覚が身につくという

右足前で手元を止め、ヘッドをクルッと回して打つと、ヘッドを走らせる感覚が身につくという

「シャフトの先に付いているヘッドは、グリップと同方向に同時に動かすより、テコの原理を利用して手元を止めたほうが、速く動かすことができます。この手元を止める動作を右足前で行えば、インパクト直前でヘッドが加速してボールにコンタクトさせることができるので、より効率的です。これが本来やるべき『ヘッドを走らせる』という動きなのです。

この練習を何回もやっているうちに気づくと思いますが、グリップを硬く握っていると、ヘッドをクルッと回すことができません。ヘッドを走らせるには、グリップを柔らかく握り、ヘッドが勝手に動いて仕事をする、という感覚をつかみましょう。それを体感できれば、一気に飛距離が伸びるので、ぜひ練習場で試してみてください。」(武市)

画像: #24 「ヘッドくるくる回し打ち!」 武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】 youtu.be

#24 「ヘッドくるくる回し打ち!」 武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】

youtu.be

ゴルフシーズンに向けて、飛距離アップしたいと思うなら、試す価値はありそうだ。

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.