インパクトの際に一番大切にしていることは、軸が右に傾かないことだと言う武市悦宏プロ。そして、そのために必要なのが「左足一本打ちドリル」だという。飛ばしのインパクトを身につける、とっておきのドリルを教えてもらった。

インパクトで体の軸は地面と垂直に交わる

飛ばしたいという気持ちが強いと、どうしても力んでしまい、クラブを下から上へとアッパー軌道で振ってしまう。しかし、それは重力に逆らってクラブを振っていることになるため、クラブを持ち上げる筋力が必要となり、逆にヘッドスピードが下がってしまうと武市プロはいう。

そうならないために、武市プロが大切にしているのは軸の意識。体の軸が右へ傾かずに、地面と垂直の状態でインパクトを迎えたい。そうすることで、クラブを重力に逆らわず、上から下へ振り下ろしやすくなるからだ。

このインパクトを作るためにおすすめなのが、左足1本で打つ練習だ。最初はバランスを保つのが難しいが、何球か打つと、上から下へ振る感覚がつかめるという。

画像: #25 「左足1本で打つ!」 武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】 youtu.be

#25 「左足1本で打つ!」 武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】

youtu.be

左足1本で打つと、体の軸が右へ傾かず、クラブを上から下へと速く振り下ろせるので、ヘッドスピードが上がり飛距離アップにつながる。その理由について、武市プロは次のように説明する。

「トレーニングをしている人なら別ですが、ボクのように小柄で筋力もないゴルファーが飛ばすには、上から下へ振り下ろす『落下速度』を利用して振り切ることが大事です。それには、インパクトで体が右へ傾くことを絶対に避けなくてはなりません。左足1本で打つのは、その感覚をつかむための練習です。

画像: 左足1本で立ってクラブを上から下に下ろすように振る

左足1本で立ってクラブを上から下に下ろすように振る

初めはフラついて上手く打てないと思いますので、完全に左足1本で立つのではなく、体のバランスを保つ程度に右足つま先をついた状態で打ってみるといいでしょう。下から上へ振っていた人は、おそらくインパクトの際に、右つま先に思いのほか重心が乗っているのを感じるはずです。上手く振れるようになると、インパクトで左足つま先に重心が乗る感覚が出てくるので、練習場でぜひ試してみてください」(武市)

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.