ここ数年、日本からの観光客が急増中のベトナムは、近代的でオシャレなホーチミンや世界遺産ハロン湾、歴史と文化の街ハノイなど見どころが満載。現地の人々の人懐っこさや、観光、食事などがリーズナブルに楽しめるのも魅力だ。日本からのアクセスも良く、週末を利用してベトナムへゴルフ旅に訪れる人も多いとか!? そんなベトナムで、いま一番注目されているのが、リゾート地・ダナンだ。
画像: 最旬ベトナム! 世界遺産ホイアンとダナンのリンクスを満喫しよう

ベトナムの中部最大の都市・ダナンは、美しい海と「ホワイトサンズ」と呼ばれる白砂のビーチで有名。また、南蛮貿易の拠点となった世界遺産の街・ホイアンやミーソン遺跡、ベトナム最後の王朝・グエン朝が栄えた街・フエなど、ベトナムにある世界遺産の多くがダナンの周辺エリアにあり、近年アジアだけでなく、欧米諸国からも多くの観光客が訪れている。

東南アジアへのゴルフ旅は、タイが圧倒的に人気だが、近年はベトナムが人気! ホーチミンやハノイ近郊に素晴らしいコースがいくつもあり、コースメンテナンスも抜群。もちろん、ここダナンにも、自然を生かした素晴らしいリンクスコースがある。

あるがままの自然が楽しめる:モンゴメリーリンクス

ヨーロピアンツアーで7年連続賞金王となり、PGAツアーでも活躍した、スコットランド出身のプロゴルファー、コリン・モンゴメリーが設計した「モンゴメリーリンクス」は、ダナンとホイアンの中間の海岸沿いにあるリンクス。2012年には、「フォーブス・トラベルガイド」で、アジアのベスト10に選出された名コースでもある。

吹きさらしの砂丘やベトナム特有の植物など、あるがままの自然を生かしたコースからは、ダナンの海や、絶景スポットとして人気の五行山を見ることができる。

画像: あるがままの自然が楽しめる:モンゴメリーリンクス

本格的チャンピオンコース:ダナンゴルフクラブ

モンゴメリーリンクスの隣にある「ダナンゴルフクラブ」は、2010年にオープンしたグレッグ・ノーマン設計のリンクスだ。ベトナムのアマチュア選手権の決勝の舞台になるなど、国内屈指の本格的なチャンピオンコースで、戦略性に富んだユニークなコースだが、フェアウェイは広く初心者から上級者まで楽しめるコースでもある。2012年に、米ゴルフダイジェスト誌においてベトナムのベストコースに選出され、国内外から多くのゴルファーが集う。

画像: ホールごとに様々な特徴があり、最初から最後まで飽きることなく楽しめる!

ホールごとに様々な特徴があり、最初から最後まで飽きることなく楽しめる!

アフターゴルフは「古都ホイアン」で街歩き

ダナンでは、近年次々と高級リゾートホテルがオープンしており、ホテル内でのリゾートライフは満喫できるが、実は周辺は開発の真っ只中で見どころが少ない。

そこで、ダナンでのゴルフ旅では、古都・ホイアンでのステイがお勧め。ホイアンは、ダナンから車で約50分の距離に位置し、ゴルフ場への移動もノーストレス。何より、旧市街は1999年に世界遺産に登録され、ベトナムで一番歴史の風情を感じ取れるので、アフターゴルフがたっぷり楽しめる。

画像: 約180年前に建てられた瓦屋根の木造家屋群が建ち並ぶホイアンの旧市街

約180年前に建てられた瓦屋根の木造家屋群が建ち並ぶホイアンの旧市街

画像: ホイアンはランタンの街としても有名

ホイアンはランタンの街としても有名

夜のホイアンはランタンが灯り、昼間とは違うエキゾチックな雰囲気。毎月、満月の夜(旧暦の14日)には、ホイアンの街がランタンの明かりに包まれる「ランタン祭」が開催され、多くの出店や屋台が並ぶ。

4月12日から4日間の日程で発売中の「ダナンゴルフツアー」は、この「ランタン祭り」が見られる絶好の機会! ゴルフも街歩きも満喫したいと思った方は、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.