スコアメークに重要な役割を果たすアプローチの主役といえばウェッジ。最近は、アイアンのストロングロフト化の影響もあり、アイアンセットに含まれない“単品ウェッジ”を揃える人も増えてきている。ここで質問。読者のみなさんは何度のウェッジを何本バッグに入れている? みんなの気になるウェッジ事情を大調査!

打ち分けに必要なのは何本?

アイアンセットがピッチングウェッジ(PW)までのセット売りが主流となり、必然的にそれより下の番手は“単品ウェッジ”を組み合わせることが多くなった。そこで問題となるのが「何度のウェッジを、何本入れるか」ということ。

PGA(米男子)ツアーで活躍するローリー・マキロイはPWを含めて52度、58度、60度の4本、ジョーダン・スピースは46度、52度、56度、60度の4本入れているなど、PGAツアーの選手はウェッジ4本体制が増えている。とはいえ、やはり一般ゴルファーにとっては「P、A、S」の3本というのが一般的だが……と、ここで質問をスタート。

ウェッジは何本入れている?

普段使用している14本のうち、ウェッジは何本入れている?

  • ピッチング、アプローチ、サンドの3本!
  • 小技の比重を重くして、4本体制!
  • その他
  • ピッチング、アプローチ、サンドの3本!
    55
    5972
  • 小技の比重を重くして、4本体制!
    38
    4047
  • その他
    7
    771

続いての質問はサンドウェッジに関して。一昔前までサンドウェッジのロフト角は「56度」が一般的だったが、最近では「58度」の人気が高まっている。というわけで、この質問。

サンドウェッジとして使っているウェッジのロフト角は何度?

  • 56度
  • 58度
  • 実はよくわかってない!
  • その他
  • 56度
    40
    4769
  • 58度
    43
    5126
  • 実はよくわかってない!
    9
    1058
  • その他
    8
    992

さて、ウェッジの「角度」といえば、ロフト角の他にもう一つ重要なものがある。それはバウンス。すなわちソールにつけられた角度だ。これが大きいほどダフリに強くなり、やさしく感じられやすい。そんなバウンス角、そもそも自分のサンドが“何度”か知ってますか? という質問から。

サンドウェッジのバウンス角、把握している?

  • もちろんしている
  • 正直していない
  • もちろんしている
    65
    6937
  • 正直していない
    35
    3723

バウンス角は小さいほどシャープに扱うことができ、大きいほどダフリに強くなる。一長一短があるわけだが、読者の好みはどちら?

サンドウェッジのバウンス角を把握している人に質問。バウンス角は何度?

  • 8度以下
  • 9~12度
  • 13度以上
  • 8度以下
    19
    1653
  • 9~12度
    66
    5769
  • 13度以上
    15
    1316

最後の質問は、運用に関して。ウェッジを選ぶとき、「100ヤードぴったりが打てるクラブ(ロフト)を選ぶ」ということがよくある。杭などで表示されることの多い残り100ヤードを誤差なく打てるクラブがあれば、コース攻略が格段にやりやすく感じられるからだ。そんなセットの要ともいえる「100ヤードを打つクラブ」、みなさんにとってはどれ?

100ヤードはウェッジ? その場合何度で打つ?

  • 9番アイアンより上の番手
  • セットのピッチングウェッジ
  • 46度以下
  • 48度
  • 50度
  • 52度
  • 54度
  • 56度よりロフトが寝た番手
  • 9番アイアンより上の番手
    5
    584
  • セットのピッチングウェッジ
    24
    3051
  • 46度以下
    4
    541
  • 48度
    11
    1378
  • 50度
    23
    2933
  • 52度
    24
    3007
  • 54度
    5
    625
  • 56度よりロフトが寝た番手
    4
    561

ロフト角に本数に飛距離まで、ぜひご意見をお聞かせいただきたい。

撮影/三木崇徳

This article is a sponsored article by
''.