いい道具には、必ず物語がある。世に数多あるゴルフギア&グッズの中から、とくにストーリーのあるものをピックアップするのが「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」。第22回は福岡の地クラブメーカーESTIVANT GOLF(エスティバンゴルフ)の「ES-460 D ドライバー」をピックアップ。思わず二度見してしまうほどのデザインのドライバーのこだわりとは?

見ためと飛びに思わず二度見!

「大手メーカーよりも飛ばないと買わないでしょ?」とある地クラブメーカーの社長に言われたことがある。ゴルフ雑誌だけでなく、テレビやインターネットの広告で、有名プロを使って飛距離をアピールする大手クラブメーカー相手に、地クラブメーカーはどう戦うか? それは飛距離で目にもの見せるしかない。

そんな地クラブの中でも特に目を引くのが、福岡発のエスティバンゴルフ「ES-460Dドライバー」だ。一度見たら絶対に忘れないクラウンの模様に驚く。この凹凸でボディの強度が通常の1.5倍となり、エネルギーの伝達量を大幅に上げることができるらしい。

適合ドライバーヘッド史上、世界最硬を謳っているだけあって、素材のこだわりも並ではない。チタン合金の中でも他社がコスト的に絶対に使えない、チタン合金の最上級クラスの素材を使用しており、通常のチタン合金よりも、遥かに高いエネルギー伝達量を実現しているという。

画像: スピン量が適正になるように考え抜かれたフェースミーリングは、ソールに向かえば向かうほど間隔が狭くなるという独自のもの

スピン量が適正になるように考え抜かれたフェースミーリングは、ソールに向かえば向かうほど間隔が狭くなるという独自のもの

MAVERICQというシャフトにもこだわりがある。アベレージゴルファーからドラコン選手までヘッドスピード3m/sアップをテーマに開発されていて、各ヘッドスピード帯のゴルファーのポテンシャルを最大限に引き出すことができるそうだ。

ギアで15〜30ヤードの飛距離アップを狙って、ボディの剛性をとことん高めることを追求したら、独創的なドライバーができあがった。多くのドラコン選手が、結果を出しているだけでなく、多くのをアマチュアも、飛距離アップしているという。

「飛ばないと売れない」。それはそうだが飛距離だけでなく、ヘッドカバーを取った瞬間目を引く独創的な形状。まずその形状で驚かせたら、飛距離でも圧倒してしまおう。「それはどこのドライバー?」と毎回聞かれるはずだ。

エスティバンゴルフES460 D ドライバーを1名にプレゼント

今週紹介している「エスティバンゴルフ ES460 D × MAVERICQ ドライバー」を1名様にプレゼント。週刊ゴルフダイジェスト連動企画「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」、気になる人は本誌もチェックしてみよう。応募は下のバナーより。

画像: 「ES-460 D ドライバー」●ロフト角 8.5度~10.5度 ●体積 460cc ●シャフト MAVERICQ ●フレックス 3841(HS38~41m/s)、4245(HS42~45m/s)、4649(HS46~49m/s)、5053(HS50~53m/s)、LONG(HS54m/s~) ●長さ 47インチ ●ヘッド重量 198グラム(±2グラム)●価格 15万6600円(MAVERICQシャフト)

「ES-460 D ドライバー」●ロフト角 8.5度~10.5度 ●体積 460cc ●シャフト MAVERICQ ●フレックス 3841(HS38~41m/s)、4245(HS42~45m/s)、4649(HS46~49m/s)、5053(HS50~53m/s)、LONG(HS54m/s~) ●長さ 47インチ ●ヘッド重量 198グラム(±2グラム)●価格 15万6600円(MAVERICQシャフト)

画像: www.golfdigest.co.jp
www.golfdigest.co.jp

写真/三木崇徳 文/田島基晴

HONMA

This article is a sponsored article by
''.