ゴルフクラブの大切なパーツのひとつであるグリップ。上級者ほどこだわりを持つアイテムだが、どのように選べば良いかいまいちわからないという意見も多い。というわけで、グリップの違いとそれぞれの特徴について、改めて考えた。

グリップについて、改めておさらいしよう

ゴルフのグリップは、主にスウィングするクラブ用とパター用の2種類に分けられる。スウィングするクラブのヘッドはウッドやアイアンなどの種類があるが、グリップに関してはスウィングするクラブに対してジャンル分けはない。

スウィングするグリップにはバックラインと呼ばれるグリップ裏側に真っ直ぐで盛り上がったリブを組み込むことが許されていて、このバックラインがあるものとないものが存在する。多くのモデルで両方をラインナップしており、選ぶことができる。

画像: 真ん中少し下に見える部分がバックライン。開いてみるとよくわかる(撮影/田中宏幸)

真ん中少し下に見える部分がバックライン。開いてみるとよくわかる(撮影/田中宏幸)

市販されているクラブに標準で装着されているグリップはバックラインがあるものが多いが、シャフトの向きを変えてヘッドの向きを調整するタイプの弾道調整機能を持つクラブには、バックラインがないタイプのグリップが装着されている。シャフトの向きを変えた時に、握り心地が変わってしまうためだ。

このバックラインがあると握った時に盛り上がった部分が指に引っかかるので毎回同じように握りやすくなるため、とくに気にならないのであればあった方が良いだろう。ただウェッジなどでフェースを開いたりして構える時に気になる場合もあるのでウェッジだけをバックラインなしにするのもおすすめだ。

グリップの違い、知っていましたか?

スウィング用グリップはいくつかの種類がある。まずは素材だ。ゴム素材を主としたタイプと樹脂系素材を主としたタイプがあり、それぞれに特色がある。ゴム系は、昔から存在するタイプで弾力がありフィット感に優れたモデルが多い。ゴルフプライドのツアーベルベットラバーなどが代表格だ。対する樹脂系は柔らかめのモデルから硬めのモデルもあり、設計自由度が高いのが特徴。イオミックやNo.1などが樹脂で作られている。

どちらも一長一短あり、どちらが優れているとは言えないが、一番の違いは劣化の仕方。ゴム系は使い込んでいくと徐々に硬くなっていき、ツルツルした感触になっていく。樹脂系は硬さや使用感は変わらないが、削れて行くので指の形などがついてしまう。握り心地はそれぞれ好みがあるので、実際にゴルフショップなどで触ってみると良いだろう。

グリップの好みを大きく左右するのが硬さ。硬め柔らかめは素材に関係なく存在していて、好みで選ぶことができる。グリップが硬いと指先の感覚や力がダイレクトにクラブに伝わりやすくなるため、微妙な操作がしやすくなるメリットがある。

画像: あなたが使っているのはゴム系? 樹脂系?(撮影/中井中也)

あなたが使っているのはゴム系? 樹脂系?(撮影/中井中也)

またミスした時の感触などもダイレクトに伝わってくるのでフィーリングを重視するゴルファーには良いだろう。反対に柔らかめのグリップは、強く握るとグリップが変形するため力みが分かりやすく、力みづらくなるのがメリット。どうしても力が入ってしまうという方におすすめだ。

太さもフィーリングやスウィングに影響するポイントのひとつ。グリップを太めにすると、手首の動きが抑えやすくなるので、手首を使い過ぎてしまうといった悩みを抱えている人にはおすすめだ。反対に細くすると手首が使いやすくなるので、振り遅れなどの症状が出ている方は試してみる価値はある。

またスウィングするグリップはヘッド側に向かうにつれて細くなっていくテーパー形状になっているのが一般的だが、このテーパーをなくし右手側だけを太くすることで右手だけの動きを抑制するといったモデルも存在する。

パターグリップには絶対にこだわるべき!

パターグリップも安定したストロークを実現するために絶対にこだわるべきだ。パターグリップのチェックすべき点は握りやすさはもちろん、太さ、重さにとくに注目したい。太さは、スウィングするグリップ同様、太いほど手首などの動きを抑える効果を持つ。手首や腕の動きを抑えて肩でストロークしたいなら太めが良いだろう。反対にインパクトでタッチの強弱をつけたり、とっさのアジャストをしたいなら細いモデルがおすすめだ。

画像: パットが苦手なのはグリップのせいかも……?

パットが苦手なのはグリップのせいかも……?

重さは、振った時のヘッドのバランスに大きく影響する。重いグリップを入れるとヘッドの重さが感じづらくなるため、クイックなテンポで打ちやすくなる。反対に軽いグリップを入れるとヘッドの重さを感じやすくなるため、ゆったりとしたテンポで打ちやすくなる。自分の振りやすいテンポに合わせて選ばないとテンポが狂いストロークの再現性が低くなってしまうのだ。

このようにグリップは自分の欠点を補ったり、余計な動きを抑制したりすることもできる。何でも良いと思っている人は損していると言い切ってもよいだろう。是非次に交換する時は、しっかり吟味をして選んでみてはいかがだろう。

HONMA

This article is a sponsored article by
''.