ドライバーと並んで、飛距離の基準として語られることの多い7番アイアン。「7番で150ヤード」がなんとな〜くの基準だが、実際はそんなに飛ぶ人は少ないという説も。一方、プロは7番で200ヤード近くを打ってくる。そこでズバリ質問、7番アイアンでどれくらい飛ぶ?

大前提として、ゴルフは距離と方向を打ち分けるゲームであり、そうである以上アイアンはただ飛べばいいというクラブではない。そして、昨今ではアイアンのストロングロフト化(ロフトを立たせる傾向)が進み、同じ番手でもロフトの数字はマチマチで、距離の基準とはなりにくい。

画像: ストロングロフト化が進むアイアン。7番で何ヤード、飛びますか?

ストロングロフト化が進むアイアン。7番で何ヤード、飛びますか?

と、以上のようなことを十分に理解しているつもりでも、ライバルが150ヤードを7番で打ったと聞けば、よーし俺もと思わず腕まくりしてしまうというのもまたゴルファー心理。パー3をひとつでも短い番手で打ちたい。多かれ少なかれそう思ったことのないゴルファーは、そう多くはないのではなかろうか……。

さて、前置きはこの辺にして「7番で何ヤードを打つのが平均的か」を考えてみたい。果たして、世間でなんとな〜く流通している、「7番150ヤード」という数字に妥当性はあるのか!? まずはそのものズバリの質問から。

7番アイアンで、何ヤード飛びますか? あるいは何ヤードまで打ちますか?

  • 200ヤード以上
  • 180〜200ヤード未満
  • 170ヤード前後
  • 160ヤード前後
  • 150ヤード前後
  • 140ヤード前後
  • 130ヤード前後
  • 120ヤード前後
  • 110ヤード前後
  • 100ヤード未満
  • 200ヤード以上
    2
    188
  • 180〜200ヤード未満
    3
    352
  • 170ヤード前後
    9
    1080
  • 160ヤード前後
    23
    2773
  • 150ヤード前後
    31
    3701
  • 140ヤード前後
    21
    2449
  • 130ヤード前後
    7
    826
  • 120ヤード前後
    2
    233
  • 110ヤード前後
    1
    114
  • 100ヤード未満
    1
    88

さて、今回はここにもうひとつ質問を重ねてみたい。上の質問で「150ヤード前後」と答えた人限定で回答していただきたいのは、マイアイアンの7番のロフトは何度? という質問だ。「わからない」という人は、これを機にネットなどで調べるのがオススメ。次、買い換える際の目安となるからだ。

参考までに、最新モデルアイアンの7番アイアンの平均ロフトは、だいたい30度を少し切るくらい。

7番で150ヤード前後を打つと答えた人に質問。7番アイアンのロフトは何度? 

  • 激飛び系で「25度以下」
  • インプレスUD+2と同じ「26度」
  • ローグ スターと同じ「27度」
  • G700と同じ「28度」
  • ゼクシオ テンと同じ「29度」
  • ゼクシオ ナインと同じ「30度」
  • ミズノプロ918と同じ「31度」
  • ミズノプロ518と同じ「32度」
  • 718AP2と同じ「33度」
  • アイアンは飛ばすクラブではない「34度以下」
  • 激飛び系で「25度以下」
    2
    197
  • インプレスUD+2と同じ「26度」
    3
    257
  • ローグ スターと同じ「27度」
    5
    359
  • G700と同じ「28度」
    6
    439
  • ゼクシオ テンと同じ「29度」
    6
    469
  • ゼクシオ ナインと同じ「30度」
    15
    1233
  • ミズノプロ918と同じ「31度」
    12
    993
  • ミズノプロ518と同じ「32度」
    16
    1270
  • 718AP2と同じ「33度」
    14
    1082
  • アイアンは飛ばすクラブではない「34度以下」
    21
    1666

果たして世のゴルファーは7番アイアンで何ヤード飛ばしているのか? また、7番で150ヤードを打つというゴルファーが使うアイアンのロフトは何度くらいなのだろうか。ぜひ、ご回答を!

写真/野村知也

This article is a sponsored article by
''.