ジャスティン・トーマス、アダム・スコットら契約プロが早々に実戦投入し活躍を見せているタイトリストのニューモデル、TS2とTS3。大注目の秋の新作ドライバーを、プロゴルファーの中村修と堀口宜篤の2人が試打。それぞれの特徴を解説してもらった!

とにかく「飛び」にこだわった“タイトリスト・スピード”

現行モデルである「917」シリーズの後継ではなく、まったく新しいシリーズという位置付けである、今回のクラブ。

クラブ名のTSは「タイトリスト・スピード」を意味し、初速やヘッドスピードなど、とにかくスピードを上げて飛距離を伸ばすことにこだわったドライバーだという。早速、試打した感想を聞いてみよう。

「どちらのクラブも打った瞬間にズバッと打球が出る感じです。今までのタイトのイメージとはまったく違って、とにかく打感が柔らかい。シャフトも少し柔らかめで、弾きが強く打球音もいい。軽く振ってもスピード感を感じられます」(堀口)

画像: タイトリスト「TS2」(写真右)、「TS3」(写真左)

タイトリスト「TS2」(写真右)、「TS3」(写真左)

タイトリストというと、これまでは球筋を操作するのがやりやすかったり、““技”を使えるクラブというイメージだったが、今回はズバリ飛びに特化してきた印象だ。では、TS2とTS3の違いはどこにあるのだろう。

「フェースのバルジ(丸み)がTS2にはあまりありません。そのためアドレスしたときの見た目からつかまり感があります。とくにフェードヒッターの方はボールをつかまえる安心感があると思います。逆にバルジがあるTS3はしっかり自分でつかまえながら打ちたいクラブといえます」(中村)

TS2は、従来のタイトリストのプロモデルのイメージとは異なり、どちらかといえばジャパンモデルの「VG3」を思わせるほどのやさしさがあり、今までタイトリストを使ってこなかったユーザーにも打ってもらいたいモデルとなっているという。

画像: 写真左が「TS2」、右が「TS3」。比較するとTS3の方がフェース面に丸みがあることがわかる

写真左が「TS2」、右が「TS3」。比較するとTS3の方がフェース面に丸みがあることがわかる

ジャスティン・トーマスやアダム・スコットが使うTS3にしても、そこまでハードルは高くないと堀口。

「過去のモデルのだと“3”が付くモデルは難しいイメージでしたが、まったく違う、新しいクラブになっています。たとえば917D2を使っている人だったら、今まで“2”だから自分に合うのはTS2だと決めつけず、両方を試打してみるといいと思います。」(堀口)

動画では実際の試打の様子や、打球ごとの計測データを詳しく見ることができる。是非チェックしよう!

協力/PGST

画像: 秋の新作ドライバー!タイトリスト「TS2」「TS3」をプロゴルファーが試打してみた! www.youtube.com

秋の新作ドライバー!タイトリスト「TS2」「TS3」をプロゴルファーが試打してみた!

www.youtube.com
GOLF5

This article is a sponsored article by
''.