ゴルフメーカー、リョーマゴルフの発表会に、タレントの木村拓哉が登壇した。フォトセッション時には報道陣からの求めに応じてスウィングも披露。果たして、ゴルファー・キムタクの本気度は?

この日発表されたのはリョーマゴルフ初のアイアンとなる「リョーマ アイアン」。同モデルのCMにも登場している木村拓哉、ビートたけしのビッグネーム二人が肩を並べて登壇。木村は、詰めかけた報道陣を前に、自身のゴルフについてこう述べた。

「この度リョーマアイアンのアンバサダーに就任させていただきました木村拓哉です。ゴルフはやらないだろうなあと思っていたのですが、とあるきっかけによってどハマりすることになりまして。いろんなクラブを使わせていただいてたんですけど、こういう(ブランドアンバサダーの)お話を伺って光栄です。いつかたけしさんとラウンドできたらいいなあと思っているんですけれども、その機会があればよろしくお願いします」(木村)

画像: ビートたけしと木村。「リョーマも随分儲かったな。私以外にキムタクも引っ張ってくるとは」(たけし)と会場を笑わせた

ビートたけしと木村。「リョーマも随分儲かったな。私以外にキムタクも引っ張ってくるとは」(たけし)と会場を笑わせた

タレントの明石家さんまに誘われたのがきっかけでゴルフを始めたという木村だが、本人が「どハマり」というだけあって、ゴルフへの熱中度はかなり高いようだ。

「(ゴルフは)難しさだったり金額的なことだったり、ハードルが高いイメージが強いと思うんですけど、実際に道具を手にとって、プレーしてみると、そこでしかとることができないコミュニケーションっていうのがあると思う。こんなに楽しいんだっていうのを知っていただきたい。自分自身、機会があればゴルフというものにちゃんと向き合いたいと思っています」

ゴルフの魅力に関してはこのように説明。「ゴルフというものにちゃんと向き合いたいと思っています」というコメントからは、かなり真剣に向き合っている様子が見て取れる。

そして、得意なクラブについて聞かれると、リョーマ アイアンのブランドアンバサダーに就任するだけあって、「ミドルアイアン」と即答。

「ドライバーでティグラウンドで放ったボールがいいところに行っても楽しいですが、2打目の大切さっていうのが自分の中では大きいので。それがベタピンに行ったときのガッツポーズは、いつやっても気持ちいいですよね」

画像: これがキムタクのゴルフスウィング。見ていて気持ちいい振りっぷりだ

これがキムタクのゴルフスウィング。見ていて気持ちいい振りっぷりだ

実際、そのスウィングはよどみがなく、見た目にも美しい。それには、相当な努力があったようだ。

「一時期は左手の手の平がずーっと豆がある状態だった。これだと手のアップはやばいなというところまでいったので、練習もほどほどにするようにしている。実際にラウンドさせていただく前日とかに練習すると良くないなということがわかってきた。300球くらい一回の(ゴルフ前日の)練習でやっちゃって、次の日ボロボロということがあるので、気をつけています」

画像: こちらが発表されたリョーマ アイアン。低重心かつ深重心を独自技術で実現し、ミスヒットしても“ブレない”アイアンだという。(10月29日発売)

こちらが発表されたリョーマ アイアン。低重心かつ深重心を独自技術で実現し、ミスヒットしても“ブレない”アイアンだという。(10月29日発売)

今後の目標を聞かれて「(ゴルフの)頻度をもっと高めたいと思います」と答えた木村。リョーマゴルフの新アイアン「リョーマ アイアン」のキャッチフレーズは、飛んで曲がらないその性能から“ブレないぜ。”というものだが、ゴルファー・キムタクも、ブレないゴルフ愛の持ち主のようだった。

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.