2019年1月1日から、距離計測器の使用がルールで認められることになった。距離計測器というと、上級者が使うモノ……という印象がなきにしもあらず。しかし、実はアベレージゴルファーこそ使うべきものだとプロは言う。ルール改正直前の今、その恩恵を改めて知っておこう!

まず、プロや競技ゴルファーの基本的な距離計測器の使い方を知っておこう。上級者が(練習ラウンドなどを通じて)距離計測器で把握する代表的な距離は以下のようなものだ。

・ティグラウンドからハザードまでの距離
・ティグラウンドからハザードを超えるのに必要な距離
・セカンド地点からグリーンエッジまでの距離
・セカンド地点からグリーンセンターまでの距離
・セカンド地点からグリーンの奥エッジまでの距離

これらを知ることで、ティショットならハザード手前かハザード越えを狙うかのジャッジ
をし、セカンド地点ではピン位置に応じた最適な番手を選ぶことができる。数ヤード単位で距離をコントロールし、なるべく多くバーディチャンスにつけたいならば、これらの情報を把握しておくことは必須だからだ。

ティショットではとりあえずドライバーを持つし、セカンドショットはグリーンセンターまでの距離がわかればOK。そんな正確に距離を打ち分けられるわけじゃないし。そう思うゴルファーは少なくないかもしれないが、実はアベレージゴルファーこそ使うべきだとプロゴルファー・中村修は言い、「3つのメリット」がそこにはあるという。

画像: レーザータイプにGPSタイプと、様々な商品が発売されている。ルールで認められたことで、今後さらに活況を呈するかもしれない

レーザータイプにGPSタイプと、様々な商品が発売されている。ルールで認められたことで、今後さらに活況を呈するかもしれない

「我々プロは、自分の番手ごとの飛距離をキャリーで把握しています。しかし、アマチュアの方の場合、『7番で150ヤード飛びます』と言った数字が実はランも含めた距離だったりすることが多いんです。距離計測器を使うことで、自分の番手ごとのキャリーがわかる。これが第一のメリットです」

グリーンエッジまで150ヤードと距離計測器で分かった上で番手を選び、もしショートしたらその番手のキャリーは150ヤードに満たないことがわかるし、グリーン上に着弾すれば、エッジとボールマークの位置からその番手のキャリーがわかるというわけだ。

「キャリーが把握できるようになると、自分の得意距離もわかってきて、マネジメントに幅も出てきます。たとえば、残り50ヤードより、むしろ残り80ヤードのほうがピンに寄せられる確率が高いとか、そういった自分の傾向が見えてくるんです」

そして中村は、次なるメリットとして「ティショットでハザードにつかまる可能性が減る」ことを挙げる。

画像: 「見た目」で判断していたハザードまでの距離を数字で把握することで、クラブ選択によるミスを減らすことが期待できる

「見た目」で判断していたハザードまでの距離を数字で把握することで、クラブ選択によるミスを減らすことが期待できる

「たとえば、あまりない状況ですがティグラウンドから250ヤード地点のフェアウェイをクリークが横切っているとします。その状況で、ドライバーのキャリーが240ヤードという人はドライバーを持ちませんよね。『クリークまで250ヤード』という事実がわかっていれば、ナイスショットしたのにハザードにつかまるといったことがなくなり、スコアが守れます」

さらに、最後のメリットとして意外にも「プレーファスト効果が期待できる」と中村は言う。打つ前にいちいち距離を測るのは、むしろスロープレーにつながる危険性を感じないでもないが……。

「コースに仕掛けられた錯覚に惑わされずにハザードやピンまでの距離を把握することで、“番手選びのミス”が減り、それによって時短効果が期待できるんです。自分の番になって初めて距離計を取り出すのではなく、同伴者のプレーの間にさりげなく距離を測っておく。そんな風にスマートに使うのがいいですね」(中村)

実際に距離計測器を使い始めてベストスコアを更新したというアマチュアゴルファーのSさんに話を聞いてみた。

「ナイスショットのはずが届かないといったように、自分で思った距離を打ったつもりがショートすることが多かったんです。知り合いに借りて計測器を使ってみてはじめて、自分の正確な距離がわかったんです。そのこと自体も良かったんですが、番手選びに不安がなくなったことで、安心してショットすることができるようになったのがメリットでした。とくに130ヤード以内からグリーンに乗る確率が増えたと思います」(Sさん)

ちなみに、ルールで許されているのは単純な二点間の距離を計測する機能のみ。高低差や、機種によってはコース図が表示されるものもあるが、それらの使用はNG(機械自体は二点間の距離を測る機能以外をオフにすれば使用できる)。

セルフプレー時代の心強い武器になりそうな「距離計測器」。そろそろ食指を伸ばしてみては?

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.