アプローチウェッジといえば、ロフト52度の単品ウェッジを使っている人が多いはず。実際、多くのプロたちも52度をバッグに入れているし、それ自体はなんの問題もないのだが……実は「50度ウェッジがかなり使い勝手がいいんです」という声も。なんで!?

「100ヤード」がラクに打てる

「最近ウェッジを52度から50度に変えたんですが、実に使い勝手がいいんですよ」と語るのはプロゴルゴルファーの中村修。

「長らく52度のウェッジを使っていたのですが、50歳を過ぎて飛距離が落ちてきたこともあり、52で打っていた距離を同じイメージで打てる50度にしてみたんですが、これが実にいい。52に比べるとスピンがかかり過ぎないから、イメージ通りに止められるんです」(中村)

52度のウェッジはアプローチにも大活躍するクラブだが、50度の場合当然ながら52度より球は低くなるため、やや転がしのイメージとなる。その分グリーン奥に切られたピンなどに対し、ピッチ&ランで寄せていくのもやりやすいという。

画像: 一度使うと良さがわかる「50度」ウェッジ

一度使うと良さがわかる「50度」ウェッジ

「稲森佑貴プロは50度という58度組み合わせですが、私の場合は50度、54度、58度と間を刻んでセッティングしています。このようにウェッジの本数を増やすと、100ヤード以内のレンジの打ち分けが非常にラクになるんです。また、52度でギリギリ100ヤード届かないという人は、50度ウェッジにすることで100ちょうどが打てるというケースもあると思います」(中村)

また、昨今はアイアンのストロングロフト化が進んだことで、PWの次に52度を組み合わせると、ロフトピッチが空きすぎるという問題も生じやすい。

たとえば大人気モデルであるゼクシオ テンのPWのロフトは43度。「ゼクシオはアマチュア向けモデルだから」と思うかもしれないが、同じダンロップのプロモデルで稲森佑貴が使う「Z585」でも44度。さらにハード目な「Z785」ですら46度で、52度との間には6度のロフトピッチがある。

ちなみに、上に挙げた3モデルにはすべて「AW(PWの下の番手)」の設定があるが、そのロフトはゼクシオ テンが49度、Z785は51度、Z585はズバリ50度だ。最近のアイアンのロフト設定と、単品50度ウェッジの相性の良さが、ここからもわかる。

もちろん、トラディショナルな形状のタイトリスト「718MB」やキャロウェイの「APEX MB」など、PWのロフトが47度で52度と組み合わせやすいものはある。また、PWのロフトが43度や44度なら、48度のウェッジを入れ、52度につなぐという考え方も多いにアリだろう。

ただ、52度を50度に変えるだけならコストもさほど多くはかからないし、上の番手を減らすといったセッティング上の工夫も必要ない。それでいて、スコアメークの要所である100ヤード前後の飛距離の打ち分けがしやすくなる可能性は高い(ちなみに、アイアンセットの流れの“セットウェッジ”を購入するというのも大いに検討の余地がある)。

今お使いのアイアンのPWのロフトは何度か、一度見直してみてはいかがだろうか。

This article is a sponsored article by
''.