「みんなが使っている長さだから」「スタンダードは34インチでしょ?」そんな理由でパターの長さを選んではいないだろうか? 実はパターこそ、自分に合ったものを使うのが一番だと話すのは業界屈指のギアオタクでクラブフィッターの小倉勇人。その理由を聞いてみた。

パターを買うとき、長さも気にしている?

みなさんこんにちは、ギアオタク店長の小倉です。今日はパターのお話。みなさんはパターを購入する際、主にヘッドの機能や形状でモデルを選んでいると思いますが、長さを気にしたことはありますか?

市販されているパターの長さは主に33、34、35インチ、レディースモデルに32インチがあるぐらいですね。ほとんどのモデルが34インチを標準としている場合が多く、みなさんが使用しているパターの多くが34インチだと思います。

パターはスウィングする他のクラブとは違って、反動や遠心力をほとんど使いません。だからこそ自分に合ったモデルやスペックを使うべきだと私は思っています。ヘッドのモデルにはこだわっても、クラブとしてのバランスや長さには意外と無頓着な方が多いなというのが率直な私の意見です。パターには他のクラブと違ってシャフトのフレックスや種類がほとんどなく、自分に合わせるといった概念がほとんどないのが原因なのでしょう。

画像: ヘッド形状にはこだわっていても、長さにまでこだわる人は多くない(撮影/有原裕晶)

ヘッド形状にはこだわっていても、長さにまでこだわる人は多くない(撮影/有原裕晶)

パットに型なしとはよく言いますが、ある程度基本ができていれば色々な打ち方があって良いという考えに私も同感です。だからこそパターはルールが他のクラブより規制が少ないからとはいえ、圧倒的な数のモデルが市販されているわけです。

しかし多くの方が再現性の高い打ち方を追求するため、つまり自分に合わせてモデルを選ぶのではなく“やさしい、良いと言われるパターを使い、そのパターに打ち方や構えを合わせて使っている”というケースが目立ちます。このケースが間違いだとは言いません。パターに合わせて打ち方を変えたら劇的に上手くなった方も実際にはたくさんいらっしゃいます。

ただ、パターにお悩みの方は、もう少し自分はどういう構えや打ち方をしたら再現性の高いボールを打てるのかというのを考えてパターを選んでも良いと思うのです。その入り口が長さではないかと。

パターの長さは、前傾の深さ、手と体との距離、クラブとしてのヘッドバランスなど意外とたくさんの項目に影響があります。同じヘッド、シャフト、グリップを使って1インチ長さを変えるパターを打ち比べてみるとその違いに結構びっくりするはずです。私はフィッティング時の確認事項として、長さ違いのパターを交互に構えた時に前傾角度が変わるのか、それとも手の長さを変えて構えるのかなどをチェックし、その後実際のストロークを確認して最適な長さを探っています。

画像: 身長190センチ超のフィル・ミケルソンは身長に対して短く見えるパターを愛用。必然的に前傾角度は深い

身長190センチ超のフィル・ミケルソンは身長に対して短く見えるパターを愛用。必然的に前傾角度は深い

もちろん長さだけでは、ジャストフィットしたモデルに仕上げることは難しいです。ただ前記した通り、長さを変えるだけで構えやヘッドバランスなど影響があります。

画像: パターの長さひとつでストロークに与える影響は多い(撮影/有原裕晶)

パターの長さひとつでストロークに与える影響は多い(撮影/有原裕晶)

基本的にどう変わるかをまとめると

長いと…

・ヘッドバランスが重くなるためゆったりとしたテンポでストロークしやすくなる

・前傾を浅く構えやすくなる

・手の位置が体の近く(肘を張った状態。俗に言う5角形)で構えやすくなる

短いと…

・ヘッドバランスが軽くなるため早めのテンポでストロークしやすくなる

・前傾を深く構えやすくなる

・手の位置が体の遠く(手を伸ばした状態。俗にいう3角形の形)で構えやすくなる

最近では、メーカーさんがパターフィッティングを積極的に行っていますし、シャフトの長さを調整できる市販品も発売されています。色々なパターを使うのも良いですがパターを得意クラブにしたいと考えるならヘッドモデルだけでなく長さなどにもこだわってみてください。今まで気づかなかった再現性の高い構えやスムーズにストロークしやすいパターに出合えるかもしれませんよ。

HONMA

This article is a sponsored article by
''.