ゴルフは奥が深く、長く楽しめるスポーツだが、一方ではじめるためのハードルがやや高いのも事実。だからこそ、初心者が楽しむためには、プレーのやり方を工夫するのがいいのでは? と話すのは業界屈指のギアオタクでクラブフィッターの小倉勇人。その考えを聞いた。

一番良い場所のボールをチーム全員で打つ形式

みなさんこんにちは、ギアオタク店長の小倉です。今回はギアのお話は少しお休みして、初心者のプレーについて私的な提案というか考えをお話したいと思います。みなさんはスクランブルゴルフというプレー方式をご存知でしょうか。ざっと説明しますと、3~4人でチームを組んで1組でプレーをしていき、ティショットをそれぞれ打ち、一番良いと思われるボールを選択して、そのボールの地点からまたチーム全員で打つ。

これをホールアウトまで繰り返すといった流れになります。このスクランブルゴルフは純粋にスコアを追求する試合形式、みんなでワイワイ楽しむコンペ形式など色々な形で楽しまれています。私もスクランブルゴルフの試合に何度か出場し、とても楽しかったです。

さて今回の私的な考えというのは、このスクランブルゴルフのプレー方式を使えば、初心者がより早く、たくさんコースでプレーできるのではないかなというもの。ゴルフは初心者がコースデビューするのにかなりの時間と労力が求められがちです。やっとコースに出られたとしても、なかなか上手くショットができず前に進めないため、焦ってばかりでとても楽しめる状況ではないでしょう。

画像: 必ずしも個人のスコアに固執する必要はない

必ずしも個人のスコアに固執する必要はない

こうなってしまうと他の人のプレーのしぐさやマナーなど、見て覚えられる部分が学習できません。それに気持ちに余裕が生まれないので、苦痛だけが記憶に残ってしまい、ゴルフが嫌になってしまう可能性があります。

そんな初心者のコースデビューに最適なのがスクランブルゴルフだと思うのです。ティショットは全員で打てますし、初心者の方がチョロしても焦る必要はありません。また同じライからチーム全員のショットを目の当たりにできるのですから、勉強にもなるはずです。

常に良いポジションのボールを選択していくので進行自体も早くなります。もちろん移動中にも余裕が生まれるので、景色等、コースを堪能できますし、疑問に思ったことなどを質問する時間も生まれます。自分のスコアを取るのは、ある程度マナーやコースでの立ち振る舞いの知識が付いてからでも遅くはないと思うのです。

これには、一緒にプレーしてもらえるゴルフ熟練者が不可欠です。もしくはキャディ付きのプレー時にやると良いでしょう。メンバーの中には、自分のスコアを取りたいと考える方も多いのでそういった場合は、初心者と熟練者の2名でやっても良いと思います。

最終的には選択するのはプレーヤー自身ですので、走っても頑張ってスコアを取りたいというならそれで良いと思います。ですが、スコアを取ることにこだわり過ぎてプレーが苦痛になってしまうようでは、せっかく遊びに来ているのに本末転倒になってしまう気がしてなりません。

ゴルフは特に「楽しい!」となるまで時間がかかります。だからこそコースデビューの時こそ、コースの気持ち良さを味わい、上手い人のプレーを目の当たりにして「こうなりたい、またコースでプレーしたい」と感じてほしいと思うのです。賛否両論あると思います。みなさんはどう思いますか?

HONMA

This article is a sponsored article by
''.