2019年4月から実施される働き方改革法。有給休暇の取得が義務化されるなど、サラリーマンゴルファーにとっては“追い風”となることが期待される。そんな世間のムードを利用して(?)都内在勤のゴルフ女子・S子が平日ゴルフへ電車で出発!

土日ゴルファー、平日ゴルフに目覚める

昨日2019年4月1日、新しい元号が「令和」と発表されて、平成生まれのS子はもう平成が終わるのか~とちょっと不思議な気持ちです(笑)。

さて、みなさんがゴルフをするのは土日が多いですか? 平日が多いですか? 仕事の勤務状況によってわかれるところだと思います。S子は会社勤めのため基本土日ゴルファー。交通渋滞で行きも帰りも時間が読みにくいし、プレーフィは高いし、進行は遅いし……「土日ゴルファーで良かったなぁ!」と思う点ははっきり言ってありません。

そんな土日ゴルファーのストレスを解消するのが4月からの有給取得義務化! まさに働き方改革は遊び方改革ですね。よ〜し、平日ゴルフに行くぞー! と思っているのはS子だけではないはず。

ゴルフ場なのに予約不要! 思い立ったら行けちゃうのが「赤羽GC」の魅力

さて、そう思ったらいてもたってもいられず、有給ならぬ“午後半休”をとって行っちゃったのが……職場のある東京都港区からドアトゥドアで1時間で行ける赤羽GCでの薄暮ハーフです!

赤羽GCのいいところは、電車でアクセスが良く、さらに駅から徒歩でコースまで行けるところ(すでにキャディバッグはゴルフシューズとともにコースに送付済み)。プレーフィはロッカー代や利用税込みで4000円を切る価格!(プレー日は3月28日)この時期なら着替えも最低限で済むし、「お先に失礼します〜」とオフィスを後にしたS子が、1時間後にはゴルフ場にいるとは誰も思わないはず!

さて、ランチを食べて14時過ぎにコースに到着すると、薄暮の受付をするゴルファーが続々訪れていました! 思ったより薄暮ゴルファー多かったです(笑)。季節が良くなってきたもんな〜。

画像: 景色を楽しみながらプレーできる歩きゴルフも魅力的だ

景色を楽しみながらプレーできる歩きゴルフも魅力的だ

通常、ゴルフに行くとなると、日程や時間を決めて予約をしないとプレーできないですよね~。しかしココなら予約不要でさくっと14時、15時くらいから行けちゃうのがとても魅力的なんです! 午前中に仕事を終わらせてきているから、気兼ねなくゴルフを楽しめますね!

それでもやっぱりハーフ(9ホール)じゃもの足りない! というゴルファーはもう少し暖かくなると、ナイターで遅くまで営業しているゴルフ場もあるので半休とって1ラウンドプレーするのもありですね! 日中ラウンドとは違う楽しみ方ができちゃいますよ。日が長くなってからは午後スルーもありですよね。

もちろん、堂々と有給を取得して、平日に18ホールのプレーを楽しむのも最高ですね。

そして始まる19番ホール

さて、S子の赤羽GCに話を戻せば、14時過ぎにスタートして、ハーフ約2時間でプレー。17時前にはコースを後にしていました。平日の都内ゴルフがなぜいいか。それは土日ゴルフにつきものの交通渋滞が電車でアクセスすることで解消され、プレーフィもお手軽価格になって、ノンストレス。

そもそも電車でゴルフ場に向かえるということは、帰りの運転も不要! 楽しくラウンドした後はみんな大好き19番ホールが待っています。

赤羽GCはJR埼京線の浮間舟渡駅が最寄りですが、そこから数分で有名な飲み屋がたくさんある赤羽駅に着きます。もちろんS子御一行も途中下車。いつもならまだ働いているはずの時間に9ホールのプレーを終え、乾杯している幸せ……ホント幸せ……!

画像: プレー終わりにゴルフ仲間と楽しい時間を過ごすのも楽しみ方のひとつだ

プレー終わりにゴルフ仲間と楽しい時間を過ごすのも楽しみ方のひとつだ

ゴルフ談義で盛り上がるのもよし。次のゴルフ企画を練るのもよし。まったく関係ない女子トークで盛り上がるのもまたよし。ゴルフ仲間と楽しい時間を過ごすことで、明日の仕事も頑張れちゃうかもですね!

みなさんも働き方改革が始まった今だからこそ、遊び方改革スタートしてみては?

画像: 凄腕アイドルゴルファーが“ガチ”でラウンド!果たしてスコアは!?Part1@アクアラインGC/10番ホール youtu.be

凄腕アイドルゴルファーが“ガチ”でラウンド!果たしてスコアは!?Part1@アクアラインGC/10番ホール

youtu.be
HONMA

This article is a sponsored article by
''.