週刊ゴルフダイジェストの人気企画「ゴルフ川柳コンクール」。今回は応募総数2408点! という中から、落語家・林家正蔵が選んだ優秀作品を発表!

「今年も力作ぞろいです!」by林家正蔵

恒例企画となったゴルフ川柳コンクール。応募総数2408点の中から、特に優れているとされた作品を、まずは佳作から発表しよう。佳作に選ばれたのは三句だ。

★ 本命と 言われ続けて 早や10年(神奈川県 ペンネーム Tosh 68歳)
★ フロントで 名前がないよ 日が違う(大阪府 ペンネーム あさり 61歳)
★ パー5 先が長くて みじん切り(静岡県 ペンネーム サクラ 59歳)

どれもゴルフ川柳の王道とも言える“嘆き系”の句が選ばれた。

続いては優秀賞。

★ ピン立てて パットするけど パッとせず(青森県 西村明さん 65歳)

実にタイムリーな、2019年のルール改正がらみの一句が優秀賞に選ばれた。正蔵師匠は、「これはお上手。自虐的な面白さもあるし、5、7、5の初めの文字が『ピ・パ・パ』となっていて、語感もいい」とコメント。

画像: 今回もアマゴルファーの喜び、嘆きの詰まった力作が集まった。オーイ、ボールよ! どこへ行く!?

今回もアマゴルファーの喜び、嘆きの詰まった力作が集まった。オーイ、ボールよ! どこへ行く!?

ここで特別賞の発表。

★ 朝だ ゴルフだ 幸福(しあわせ)だ(埼玉県 金子常雄さん 59歳)

「5、7、5でも何でもないんですけど、何でしょう、このゴルフの神髄みたいな感じがするのは」(正蔵師匠)と言うとおり、ゴルファーならば誰もがわかる、“ゴルフの喜び”がわずか12文字に凝縮されている……! でも、あくまで「5、7、5でも何でもない」ので特別賞のようだ。

そしていよいよ最優秀賞の発表……の前に、みんなのゴルフダイジェスト編集部が気に入った一句を発表。それが見出しにもなっているこちら。

★ 言い残す ことはないかと 球に訊く(神奈川県 ペンネーム はますだれ 57歳)

OBが浅いホールなのか、はたまた谷越え、アイランドグリーンか……ティアップ直前、マイボールと向き合うゴルファーの切ない心情(?)が伝わってくる。

さて、では改めて最優秀賞の発表。

★ 空振りは 人が振り向く 音がする(鹿児島県 大野究さん 62歳)

正蔵師匠は「空振りの音って、素振りとは決して違う音なんですよね。ティショットのときはもちろんですが、2打目以降で、みんながバラバラの場所にいたとしても、“その音”がすると、みんなハッとする。その後の微妙な沈黙……その後、その人がどんなリアクションをとるかに人間性が出るんですよ」と熱弁。

空振りで人が振り向き、そのあと空振りしたゴルファーがどうリアクションするのか。そのリアクションに対し、振り向いた同伴者はどう対応するのか……ゴルフ場に訪れた細かすぎる緊張の瞬間! その一瞬を17文字で切り取った点が評価されたようだ。

週刊ゴルフダイジェスト4/16号には、ここで紹介した以外の珍作・名作が多数掲載されている。正蔵師匠と編集部による掛け合いが絶妙な選評も楽しめるので、ぜひチェックしてみよう!

画像: マキロイみたいにピタッと止まるフィニッシュの取り方~HARADAGOLFで上手くなる~ youtu.be

マキロイみたいにピタッと止まるフィニッシュの取り方~HARADAGOLFで上手くなる~

youtu.be
HONMA

This article is a sponsored article by
''.