2019年1月1日より施行された新・ゴルフ規則。はたしてみなさんは新ルールに則って正しくプレーできている?「GOLF DIGESTゴルフルール早わかり集2019-2020」より、バンカー内でのクイズをご紹介しよう。

ピンを差したままパットして良くなったり、ボールのドロップが「肩の高さ」から「ひざの高さ」になるなど大きなルール変更が注目を集めているが、実は「細かくて重要な新ルール」も多い。

そんな細かいけれど知っておきたい新ルール、はたして皆さんは知っているだろうか。ゴルフルールクイズを通して確認してみよう。

バンカー内で小石を拾い上げたら、球が動いてしまった。どうすればいい?

画像: 小石や葉っぱなどの自然物はルースインペディメント。新ルールではバンカー内でも拾い上げられるのだが……。

小石や葉っぱなどの自然物はルースインペディメント。新ルールではバンカー内でも拾い上げられるのだが……。

【問題】
バンカーに入った球が小石にくっついて止まった。スウィングの邪魔になるので小石を拾い上げたところ、球が動いてしまった! どうすればいい?

正しいのは、次の(a)(b)どっち?

  • (a)ルースインペディメントを拾い上げるときに球を動かしても、罰はない。そのままプレー。
  • (b)球を動かしてしまえば1罰打。元の場所にリプレースしてプレーを再開する。
  • (a)ルースインペディメントを拾い上げるときに球を動かしても、罰はない。そのままプレー。
    46
    3137
  • (b)球を動かしてしまえば1罰打。元の場所にリプレースしてプレーを再開する。
    54
    3703

正解は(b)。球を動かしてしまえば1罰打。元の場所にリプレースしてプレーを再開する。

【解説】
新ルールではルースインペディメント(自然物)も“動かせる障害物”(人工物)同様、罰なしに取り除くことができるようになった。ただし、その際に球を動かしてしまうと1罰打でリプレースとなる。本来コースにないはずの人工物を取り除くことと、コースにあるはずの自然物を取り除くことを同じように扱うことは、ローカルルールでも認められていない。小石が球にくっついて打てない場合はアンプレヤブルにするのが妥当だ。

みなさんは正解できただろうか。正しいルールを知って、楽しくプレーしよう!

ルールで迷ったら「GOLF DIGESTゴルフルール早わかり集2019-2020」をチェック!

This article is a sponsored article by
''.