男子プロが使うアイアン型ユーティリティ(アイアン型UT)。ティショットでライン出しショットなどをしている姿はカッコよく、自分も使ってみたい! と思う人は多いはず。そんなアイアン型UTについて考えた。

男子トッププロのキャディバッグを見ると、中空構造の2番、3番、4番アイアン、いわゆる「アイアン型UT」をバッグに入れている選手が多い。

中空アイアンといえば、アーニー・エルスが2002年に全英オープンを制した際にフォーティーン「HI-858」の2番アイアンをバッグに入れていたことで一躍脚光を浴びた。

その後もさまざまなメーカーから同系統のクラブが発売され、古くはプロギアの「ズームi」、その後もミズノの「MP フライハイ」やダンロップの「スリクソン Z U」など、そして最近でもピンの「クロスオーバー」やテーラーメイドの「GAPR」など、細々とではあるがその系譜は連綿と受け継がれている。

画像: アイアン型UTはプロの間で人気の高いクラブだ(撮影/野村知也)

アイアン型UTはプロの間で人気の高いクラブだ(撮影/野村知也)

こういったアイアン型UTを使う理由をツアープロに聞くと「ロングアイアンよりも球が上がりやすくてやさしい」という声が多い。中空構造にすることで従来のロングアイアンよりも重心を低く深くできるため、同ロフトのアイアンよりも球が上がりやすいのが特徴だ。

これはアマチュアにとっても「ロングアイアンの代わり」として役立つと考えていいのだろうか。

プロコーチで自身ツアープロとしても挑戦を続ける中井学に話を聞くと、「アマチュアが、アイアン型UTを“やさしいロングアイアン”と考えて、打てなくなった3、4番アイアンの代わりに使うのは、基本的にはおすすめできない」と言う。

This article is a sponsored article by
''.