いまや競技ゴルファーの必需品となった「距離測定器」。ゴルファーのためのブランド「ilma ja teras?(イルマヤテラス)」から、付属の測定器ホルダーに満足しなかった社長自ら“ゴルファー目線”で考案した「レーザー測定器ホルダー」が登場。今夏の相棒に、仲間入りだね!

至れり尽くせりな、ゴルファーにうれしい機能が搭載

「ilma ja teras?(イルマヤテラス)」はバックをはじめとする革製品を扱う“ゴルフ好き”の社長が、自ら立ち上げたブランド。この「レーザー測定器ホルダー」にかける想いもひとしおで、ラウンド中に試しては改良し、を何度も繰り返すことで出来上がったという。

ベルトに沿って、サイドに横装着(縦装着も可能)ができるため、出し入れもスムーズ。これさえあれば、計測器がスウィングの邪魔をしたり、置き場所を探す手間もなくなるはず。

画像: 素材や見た目、使用感にこだわった逸品なのに、リーズナブルな価格設定もうれしい!

素材や見た目、使用感にこだわった逸品なのに、リーズナブルな価格設定もうれしい!

本体の素材には、姫路のカラータンニンレザーを採用し、ウェア部分に色うつりしないよう白ヌメの2種をコンビ使いにした高級仕様。日本製の革を職人が手作業で仕上げたこだわりの商品だ。

距離計測器レザーホルダーの価格は9,800円(税別)。カラーはブラック、ネイビー、レッドの3色展開。数量限定のため、注文はお早めに!

週刊ゴルフダイジェスト8/20・27合併号「別注商品コラボリアン!」より

商品の詳細はG-POCKETをチェック!

This article is a sponsored article by
''.