「スライスしない!」と聞いて買ったはいいものの、実際練習場やコースで使ってみるとやっぱりスライス……。そんな経験をしたことはないだろうか。QPさんの愛称でお馴染み、クラブフィッターでもあるティーチングプロ・関雅史に、本当にスライスしないクラブを見極めるためのコツを聞いた。

ドライバー迷子は「フェースプログレッション」をチェックしよう!

現在、ゴルフクラブ市場には毎年何十ものニューモデルが登場し、ユーザーにとっては選択肢が多すぎると感じられるほどだ。とくにアベレジーゴルファー向けのクラブの多くがスライスを防ぐことを目的に「つかまる」「曲がらない」と謳い、雑誌やWEBのクラブの試打企画でも同様の褒め言葉が乱舞して、それらの言葉は嘘ではないにせよ、アマチュアにとっては混乱の要因にさえなり得る。

アマチュアの8割を占めるといわれるスライサーにとって、クラブ選びはまさに「迷宮」だ。

そんななか、クラブに詳しいティーチングプロとしてメディアで大人気の“QP”こと関雅史は、自分のスウィングタイプとクラブの特長の相性に、ちょっとした発見があったと話す。その発見とはドライバーのフェースプログレッション(FP)だという。

画像: ドライバーにはアイアンのようなグースネックはないが、その数ミリの差が実は大切だと関雅史

ドライバーにはアイアンのようなグースネックはないが、その数ミリの差が実は大切だと関雅史

FPとは、クラブのシャフト軸線に対してリーディングエッジがどれだけ前に出ているかを示す数値。FPの値のプラスが大きいクラブほど「出っ刃」で、FPの値がマイナスのクラブは、シャフト軸よりもリーディングエッジが引っ込んでいるいわゆる「グースネック」であることを示す。

画像: シャフト軸線からリーディングエッジまでの距離で表されるFP値。アイアンにはその値がマイナスになる「グースネック」があるが、ドライバーの場合普通は“出っ刃”になる

シャフト軸線からリーディングエッジまでの距離で表されるFP値。アイアンにはその値がマイナスになる「グースネック」があるが、ドライバーの場合普通は“出っ刃”になる

端的に言えば、FPが大きいモデルはシャフト軸線よりもヘッドが早くボールと接触するため、プレーヤーの感覚よりもインパクトが早く訪れる。一方FPが小さいモデルはシャフト軸線よりもヘッドが遅れ気味にくるため、プレーヤーの感覚よりもインパクトが遅めになりやすい。

ドライバーの場合、アイアンのようにFPの値がマイナスになるようなグースネックはなく、ほぼ全モデルが「出っ刃」であるためこれまであまり注目されてこなかったが、関プロはドライバーでも注目すべきだと話す。

画像: FP値は実はインパクトのタイミングに大きく影響する

FP値は実はインパクトのタイミングに大きく影響する

「FPって、インパクトのタイミングにかなり大きく影響する要因なのに、ドライバーでは見逃されがちなスペックなんです。でも実は大きいモデルと小さいモデルとで数ミリくらいの差があり、メーカーの開発意図が結構表れている部分でもあるので、もう少し注目してもいいのではないと僕は思うんです」(関プロ)

たとえば「つかまり」を謳ってスライスを軽減してくれるドライバーでも、その手段には大きく2パターンあり、それはFPの設計から見えてくるという。

「FPが小さいクラブは、インパクトでヘッドが遅れてくるので、ダウンブローの鋭角な入射角を緩和してくれる効果があります。つまり、アウトサイド・インで上からぶつけるようなスライスを防いでくれます。反対にFPが大きいクラブは、インサイドからクラブが寝て下りてきて振り遅れるのを防いでくれます。同じスライサーでも、左に出て大きく右に曲がるプルスライスの人は前者が、打ち出しから右に飛び出すプッシュスライスの人は後者が合いやすいということ。ここを見誤ってクラブを選ぶと、同じ『スライスしない』ことを謳っているクラブでも、自分に合わないということがあり得るんです」(関プロ)

This article is a sponsored article by
''.