パターヘッドでボールをかき寄せるようにしてカップインさせたところ、同伴者から「2打罰」の指摘を受けてしまった! この行為、いけないんだっけ?
画像: 「ナイスオン!」

「ナイスオン!」

谷越えのパー3のティショット。

「ナイスオン!」

「いい感じに打てたわ~。距離もバッチリじゃない?」

画像: 「ああ、あとちょっとだったのに!」

「ああ、あとちょっとだったのに!」

5メートルのバーディパットは惜しくも外れてしまった。「あ~、あとちょっとだったのに! 悔しいわ~!!!」

画像: 「お先しますね~」クイッ!

「お先しますね~」クイッ!

「はぁ、なんで入らないかなー。じゃ、お先しますね」と言いながら、パットのヘッドでカップインしたところ……。

画像: 「いま、かき寄せましたよね?」「え、ダメなの??」

「いま、かき寄せましたよね?」「え、ダメなの??」

ボールをかき寄せるようにしてカップインさせたらどうなる?

パー3でワンオンに成功。残り5メートルのバーディパットは惜しくもカップ手前で着れ、バーディならず。そこで続くパーパットを、パターヘッドでボールをかき寄せるようにしてカップインさせた。するとそれを見た同伴者から、2打罰ではないかと指摘されてしまった。

  • 罰なしでホールアウトが認められる
  • ホールアウトは認められるが2打罰を受ける
  • 2打罰で元の箇所から打ち直し
  • 罰なしでホールアウトが認められる
    48
    3599
  • ホールアウトは認められるが2打罰を受ける
    35
    2600
  • 2打罰で元の箇所から打ち直し
    17
    1241

正解は、「2打罰でホールアウト」。プレー綾―はクラブと球の間に一瞬の接触があるようにクラブヘッドで正しく球を打たなければならず、球を押し出したり、かき寄せたり、すくい上げてはならない。今回のようにクラブを自分の方向に引き寄せながら地表面に沿って動かした場合、「かき寄せた」とみなされ、そのストロークを関利、2打罰を受ける(規則10-1)。

週刊ゴルフダイジェスト2020/1/21号「ゴルルとルール。2020」より(監修・小山混、撮影・姉崎正)

This article is a sponsored article by
''.