ゴルフの素振り用練習器具も数多くあるが、なかでもヘッドスピードアップに特化したのが「スーパースピードC」。このスーパースピードCをプロゴルファー・中村修が実際に使用し、効果のほどをたしかめた。

カウンターバランスでヘッドが走る感覚をつかめる

素振りはスウィングの再現性を高める重要な練習のひとつ。ボール代もかからず家でもできる、リーズナブルかつ効果的な練習法だ。

より効率的に上達するために、素振り用の練習器具も多数販売されている。たとえば先端が重いバット系の器具なら体をしっかり使ったスウィングが身につけられるし、軟らかいシャフトを使用したものならスウィング中のしなりの感覚をつかむことができる、といった具合で、バリエーションやその効果も様々だ。

そんな中でも、ヘッドスピードを上げることに特化した素振り器具が「スーパースピードC」。

画像: スーパースピードゴルフシリーズの中でもヘッドスピードアップに特化した「スーパースピードC」

スーパースピードゴルフシリーズの中でもヘッドスピードアップに特化した「スーパースピードC」

なんでも振るだけでヘッドスピードが上がるのだという。その秘密はグリップエンドに仕込まれた100グラムのウェート。これによって重量バランスが通常のドライバーよりグリップ寄りとなり、「カウンターバランス」の効果が得られるように設計されているのだ。

画像: グリップエンドに100グラムのウェートを搭載することでカウンターバランス設計に

グリップエンドに100グラムのウェートを搭載することでカウンターバランス設計に

カウンターバランス設計のメリットは、操作性や振り抜きの良さが高まること。これにより、ヘッドを走らせる感覚を養えるだけでなく、スウィング中のクラブ軌道を安定させる効果もあるので、正しいスウィングプレーンで振りやすくなるというわけだ。

画像: スーパースピードCの長さは45.5インチ、重量は315グラム。一般的なドライバーと同程度のスペックとなっている

スーパースピードCの長さは45.5インチ、重量は315グラム。一般的なドライバーと同程度のスペックとなっている

長さは45.5インチ、重量も315グラムと、いずれも一般的なドライバーと同程度。過剰に軽すぎたり重すぎたり、といったことがないので、素振りの際の違和感も少ない。

画像: 先端部の重りは空気抵抗が小さく、シャープに振り抜ける

先端部の重りは空気抵抗が小さく、シャープに振り抜ける

プロゴルファー・中村修にスーパースピードCでの素振りを試してもらうと、「スウィングが整い、自然とヘッドスピードが上がりますね」とその効果を実感したという。

画像: プロゴルファー・中村修にスーパースピードCの効果を体感してもらった

プロゴルファー・中村修にスーパースピードCの効果を体感してもらった

「素振りしたときにクラブ全体の重量を感じやすいですね。カウンターバランス設計によって、素振りを繰り返すうちにヘッドをどうやって加速させればいいのかを自然と体に教えてくれます。スウィングのバランスが整うので、ダウンスウィングでコックが早くほどけてしまうアーリーリリースや、手元が先行しすぎるといったミスも起こりにくいですね」(中村)

画像: スウィングのバランスが整うので、手元が先行しすぎる(左)、アーリーリリース(右)などの傾向がある人にはとくにいいと中村

スウィングのバランスが整うので、手元が先行しすぎる(左)、アーリーリリース(右)などの傾向がある人にはとくにいいと中村

「ヘッドスピードが最近落ちてきたな、という方はもちろん、さらにヘッドスピードを高めたいという若いゴルファーにもオススメしたいですね。軽すぎず重すぎず、長さもドライバーと同じくらいなので、体にも負担がかかりにくいです。『自分はこれ以上振れない』という限界のイメージを少しずつ超えられるようになると思います」(中村)

もちろんヘッドスピードがゴルフのすべてではないが、速ければそのぶん飛距離も伸び、プレーの幅も広がる。さらなる飛距離アップを目指しているゴルファーは、スーパースピードCを試してみてはいかがだろうか。

スーパースピードCの詳細・ご購入は以下リンクから!

画像: 振るだけでヘッドスピードが上がる!話題の練習器具「スーパースピードC」どう使う? www.youtube.com

振るだけでヘッドスピードが上がる!話題の練習器具「スーパースピードC」どう使う?

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.