ナイスショットの条件の一つ、インパクトでボールよりも手元がわずかに先行するハンドファーストの動きを手に入れたい。練習場や自宅のパターマットでできる簡単な練習法をプロゴルファー・中村修がレクチャー!

ウェッジのシャフトを“延長”してアプローチしてみよう

正しくハンドファーストのインパクトができると、インパクトでフェースが開かずスクェアになる、ロフトがわずかに立って当たることで適正な飛距離を得て、ボールにしっかりとエネルギーを伝えることができる、ボールに直接コンタクトできるためダフらない。など様々なメリットがあります。

使うクラブや求める弾道によって、ハンドファーストの度合いは変化しますが、アプローチからドライバーまで共通して必要な動き。これを簡単に体感できる練習法を紹介します。

画像: ボールをすくう動き(左)をせずにボールより手元が先行したハンドファーストな形(右)でインパクトする

ボールをすくう動き(左)をせずにボールより手元が先行したハンドファーストな形(右)でインパクトする

クラブはウェッジを2本使います。一本はいつも通りに構えますが一本はヘッドとグリップを逆さまにして、シャフトを長くするように2本を一緒に握ります(画像A)。ちなみに、練習器具のアライメントスティックや交換用のドライバーのシャフトなどをお持ちであれば、それらを使ったほうがクラブのバランスや重量の変化が最小限になるのでオススメ。ただ、ウェッジ2本でも問題なくできる練習法です。

画像: 画像A:スティックを持っていなくてもクラブを2本使ってシャフトを伸ばしたように握り体の左側に向ける

画像A:スティックを持っていなくてもクラブを2本使ってシャフトを伸ばしたように握り体の左側に向ける

シャフトの延長線を体の左サイドにあてがうように構えてみると、左腕とクラブが一直線になり、左腕、右腕、クラブが小文字の「y」を形作った状態が確認できると思います(画像A)。

この状態でスウィングして、インパクト前にヘッドが手元を追い越ししまうフリップと呼ばれるボールをすくう動きをしてしまうとスティックが体に当たるので、上手く打てません。そのため、自然とハンドファーストの形でインパクトできるという練習法です。

このままアドレスで作ったハンドファーストの形を崩さないように小さくアプローチをするのですが、いくつかポイントがあります。

セットアップのポイントとして、まずボールの位置をスタンスの真ん中よりもやや右足寄りにセットします。グリップの握り方は基本的には通常のショットの握り方で構いませんが、アプローチの場合だけ左手をかぶせたストロングや逆に開いて握るウィークグリップに握ってもまったく問題ありません。違和感なく同じような動きがやりやすいグリップを探しましょう。

小さいスウィングでは横方向への移動は最小限になるので、軸は体の中心をイメージします。両腕を胸の前で軽く内側に絞るようにして両わきを締め、手先だけで上げないように、左肩や胸が連動して動く感覚で始動してみましょう。

画像: テークバックからフォローまでスティックが体に当たらないように意識する

テークバックからフォローまでスティックが体に当たらないように意識する

実際に練習場やパターマットの上で打ってみて下さい。延長したシャフトが体の左サイドに当たらければ上手くハンドファーストで打ててるということになります。上手くその感じがつかめたら、少しづつスウィングを大きくしていきハンドファーストで当たる感覚を身につけましょう。

このとき、ハンドファースト=手元を先行させようと意識し過ぎ、フェースが開く方向(時計回り)に手元を回転させてしまうと、ダフりのミスが出やすくなります。

その場合は、インパクトに向けてわずかにフェースを閉じる方向(反時計回り)に手元を回転させて下さい。シャフトを反時計回りにねじる感覚でも構いません。要するにフェースを閉じロフトを立てる動作を入れることが重要なポイントになります。

球をすくうような動きのクセがある人は、この動きができていない場合がほとんどです。この動きを取り入れることでヘッドが走り過ぎず、手元の動きとスピードが同調するので、振った感覚と出球のスピードが合うようになり、距離感も出てきます。

画像: ハンドファーストな形を保ったままわずかにフェースを返しロフトを立てる動きが大切

ハンドファーストな形を保ったままわずかにフェースを返しロフトを立てる動きが大切

スウィングを少しづつ大きくしていくと、体の回転量を増やさないと体の左サイドにスティックが当たるようになって来ます。トミー・フリートウッドやジャスティン・ローズはスティックを握りながらショートアイアンで打つ練習をよくしていますが、ハンドファーストを保ちながらフェースの向きとスピードコントロールすることができるようになります。

一見簡単な練習法ですが、トッププレーヤーもやり続ける効果的な練習方法なので、お試しください。

This article is a sponsored article by
''.