アマチュアがスコアを崩す要因のひとつに3パットがある。パターフィッティングも行うYouTuberでクラブフィッターのたけちゃんこと石井建嗣氏は、グリーン上の大叩きを防ぐには「バックスウィングを安定させることが大切」だといい、そのためにパターのグリップ選びがカギだと話す。

「パターが安定しない多くのゴルファーに共通しているのは過剰にバックスウィングをとること。バックスウィングが大きすぎるため、インパクト直前に調整しようと無意識にゆるめてしまうんです」(石井、以下同)

インパクト直前にストロークがゆるむと、フェース面がズレて打ち出し方向が安定せず、打点もズレやすい上に距離感も合いにくくなる。「悪いことづくし」なのだが、その原因はパターのグリップにあるかもしれないと石井は言う。

画像: グリップひとつ変えるだけで大きく変化するかも?(撮影/圓岡紀夫)

グリップひとつ変えるだけで大きく変化するかも?(撮影/圓岡紀夫)

「パターのグリップが軽いと、手首の動きでクラブを上げてしまいやすくなります。しかし、それではストロークは安定しませんし、ゆるみやすい。手首ではなく、肩でクラブを上げるためにはその逆、すなわちグリップを重くするのが効果的なんです。たとえば今装着しているグリップが60グラムだとしたら、20グラム増やした80グラムのものを装着することで手首が使いにくくなり、肩でストロークしやすくなるはずです」

重さが20グラムも変化すると感覚が変わり過ぎると思われるかもしれないが、「パターはフルショットしない分、重さを感じにくいため、20グラム以上変えても問題ない」という。グリップの太さや素材は、フィーリング重視で選ぶのが正解。フィーリングはいいんだけど結果が……という場合は、同じメーカーから重量の重いものが出ていないか調べてみるといいだろう。

たかがグリップ、されどグリップ。グリップひとつ変えるだけでも振り心地は大きく変化する。パターに悩んでいるゴルファーは一度、工房に相談してグリップ選びから始めてみてはいかがだろうか。

画像: 普通の「SIM」と比べてどれくらいやさしい?「SIMグローレ」の性能をギアオタクが試打してたしかめた youtu.be

普通の「SIM」と比べてどれくらいやさしい?「SIMグローレ」の性能をギアオタクが試打してたしかめた

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.