男性よりも力のないはずの女子プロが240、250ヤードと飛ばせる秘密はしならせたシャフトがしなり戻る力を最大限に生かせているからだというのはプロゴルファー・中村修。でも、そもそもシャフトをしならせるためにはどうしたらいいのだろうか? 大人気の練習器具「ツアーADレッスン」を使って解説してもらおう。

クラブのシャフトは切り返しで大きくしなる。それによりヘッドが遅れ、ダウンスウィングでシャフトがしなり戻ることにより、遅れていたヘッドが加速しながらインパクトへと戻ってくることでボールをつかまえ、遠くに飛ばすことができる。

「一般男性に比べれば非力なはずの女子プロたちが軽々と240ヤード、250ヤードと飛ばせる秘密が、このしなりとしなり戻りのチカラを有効活用できている点にあります」というのは、プロゴルファーの中村修。

スウィングのテンポと、シャフトがしなり、しなり戻るタイミングがバッチリ合致することでクラブの持つ性能を引き出し飛距離と方向性を最大にすると中村。しかし、それを実現するには切り返しで間を感じ、ダウンでは打ち急がずにタメを作り、インパクトのタイミングとしなり戻りのタイミングを合わせる必要がある。要するに難しい。

その感覚を味わうために、中村が勧めるのが「柔らかいシャフトのクラブや、練習器具を振ること」だという。

「たとえば女子ツアーで人気を集めた『ツアーADレッスン』という練習器具は、重さやロフトは普通の7番なんですが、シャフトが非常に柔らかい。それにより、シャフトのしならせ方や、しなり戻りを体験できるようになっています」(中村)

画像: 7番アイアン相当の重さとロフトのクラブに非常に柔らかいシャフトがついた「ツアーAD レッスン」

7番アイアン相当の重さとロフトのクラブに非常に柔らかいシャフトがついた「ツアーAD レッスン」

シャフトのしならせ方、そしてしなり戻りを体験するにはコツがある。

「トップの位置から切り返したらシャフトが地面と平行になる位置で手元を止めます。そうすると、切り返しでしならせたシャフトが手元を止めることによって逆しなりすることが感じられます。何回かこの動きを繰り返しシャフトのしなりと逆しなりを体感してください」

画像: トップから切り返しシャフトが地面と平行になる位置で止める動作を何度か繰り返すことで、しなりと逆しなりを体感できる

トップから切り返しシャフトが地面と平行になる位置で止める動作を何度か繰り返すことで、しなりと逆しなりを体感できる

このような動きを繰り返してシャフトのしなりとしなり戻りの感覚をつかんだら、実際にボールを打つスウィングへと感覚をつないでいく。

「実際に打つときには、1回、2回とシャフトが地面と飛行な位置で止め、3回目で止めていた下半身をインパクトの位置まで回してみてください。しならせたシャフトがインパクトで逆しなりするようにヘッドを加速させてくれます。この感覚こそがシャフトを最大限に生かす感覚なのです」(中村)

もちろんこの練習は普通のクラブでもできるし、有効な練習。ただ、レディースクラブなどのシャフトの柔らかいクラブや、「ツアーADレッスン」のような練習器具を用いると、その感覚はより理解しやすくなると中村は言う。

画像: 腰の位置で止める動作を2回繰り返し3回目で下半身をインパクトまで回転させることでしならせたシャフトの力を開放しインパクトでは逆しなりする感覚が体感できる

腰の位置で止める動作を2回繰り返し3回目で下半身をインパクトまで回転させることでしならせたシャフトの力を開放しインパクトでは逆しなりする感覚が体感できる

「ポイントは、どこでどうチカラを入れたらシャフトをしならせられるのかを理解することです。このタイミングは人それぞれ微妙に感じ方が違いますが、それがつかめればヘッドを加速させられますし、再現性も磨かれていくと思いますよ」(中村)

軽く振っているのに飛ぶ。そんな女子プロみたいなスウィングを手に入れよう!

This article is a sponsored article by
''.