6月17日から3日間の日程で開催される「ニチレイレディス」。選手をサポートするクラブメーカーのバスいわゆる”ツアーバス”をのぞいて見たらブリヂストンのニュードライバーを発見した!

3タイプのうち稲見萌寧はB1をテスト中

ブリヂストンのニューモデルと思しきドライバーがドライバー公認リストに掲載されたことを既に報じたが、ツアーの現場にも投入がはじまっている。

ニチレイレディスの会場でブリヂストンのツアーバスを取材すると、選手に渡すニュードライバーの組み立て現場に遭遇。発表前なので詳細はノーコメントを条件に撮影を許されたそれは、「B-Limited B1」、「B1」、「B2」の3タイプ。

画像: ブリヂストンゴルフの新モデルは3つのモデルがラインナップ(左からB2、B1、B-Limited B1)

ブリヂストンゴルフの新モデルは3つのモデルがラインナップ(左からB2、B1、B-Limited B1)

3モデルに共通しているのは、ネック調整機能とサスペンションコアと呼ばれるフェース面の反発をコントロールする構造。B1とB-Limited B1は可変ウェートも装着されている。

B-Limited B1は可変ウェート+ディープフェース

まずは「B-Limited B1」を見てみると、ソール後方に移動式のウェートが設置されていて、重心位置を動かせるようになっている。見た感じではコントロール性が高そうで、3モデルのなかで一番締まって見えるモデルだ。

画像: 「B-Limited B1」は可変ウェートにディープフェース3モデルの中で最も締まったイメージ

「B-Limited B1」は可変ウェートにディープフェース3モデルの中で最も締まったイメージ

B1は可変ウェート+シャロ―フェース

「B1」はソール後方に「B-Limited B1」と同じく可変ウェートを備えながらもフェースの厚さはややシャロー。投影面積も「B-Limited B1」よりも少し大きく見えることから、「B-Limited B1」よりも慣性モーメントが大きく重心も深いモデルになっているようだ。

このドライバーに関しては、ブリヂストンとボール契約を交わし、クラブ契約はフリーの稲見萌寧がテストしているという。公式会見では「顔もよくて、打感、飛びもいい。あんまり曲がらなそうな感じを受けました」とコメントしていた。

画像: 「B1」は可変ウェートにシャロ―フェース。投影面積はB-Limited  B1よりも大きめ

「B1」は可変ウェートにシャロ―フェース。投影面積はB-Limited B1よりも大きめ

「B2」は可変ウェートなし

「B2」は可変ウェートがなく、固定式のウェートがややヒール寄りに設置されていることから、おそらく重心アングルの大きいドローバイアス仕様と思われる。一番つかまりがいいモデルに仕上がっているのではないだろうか。印象としては、ツアーB JGRに近い性能を予感させる見た目だ。

画像: 「B2」ヒール寄りに固定式のウェートが設置され重心アングルの大きいドローバイアスを予感させる

「B2」ヒール寄りに固定式のウェートが設置され重心アングルの大きいドローバイアスを予感させる

ブリヂストン契約選手では渡邉彩香がすでに「B-Limited B1」を実戦投入している模様。3つのモデルはそれぞれどんな特徴があるのか、これからも注目しておきたい。

画像: 58度で自由自在!小澤美奈瀬が教える「上級編」アプローチ術 youtu.be

58度で自由自在!小澤美奈瀬が教える「上級編」アプローチ術

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.