ゴルフダイジェストの公式通販サイト「ゴルフポケット(Gポケット)」の商品群のなかから、とくにオススメのものを紹介する企画「あなたならどれを選びますか!?」第十二弾は売れてる2大練習器具を大特集。1つだけでなく、2つ合わせるとさらに効果ありかも!

ゴルフポケットでは多くの練習器具を取り扱っていますが、ここ最近売り上げをグングン伸ばしている練習器具が2種類あります。それが、「スイングモンスター725」と「ファイヤーインパクト」の2モデル。

どちらも非常にシンプルな練習器具ですが、練習効果の高さが口コミで広がっているようです。大ヒットの予感を秘めるふたつの練習器具を、いち早くご紹介します!

右手を左手にぶつけるだけでシャローイングが身につく「スイングモンスター725」

まずは「スイングモンスター725」から。これは、ここ何年か話題のキーワード「シャローイング」の感覚が一発でわかると好評の素振り系練習器具です。

スライスの原因は、ほとんどがカット軌道によるものですが、そのカット軌道を瞬時に直してくれる画期的な練習器具、それが今回ご紹介する「スイングモンスター725」なのです。

画像1: 右手を左手にぶつけるだけでシャローイングが身につく「スイングモンスター725」

見ての通り、右手のグリップと左手のグリップが離れている、長さは43インチ。重さは約450gのスティック状の器具なのですが、右利きの場合右手で持つ先端側のグリップが動くのがポイント。切り返しでこの右手部分を左手部分にぶつけるように動かすことで、自然にシャローイングの動きができてしまうんです。

素材は、適度にしなる塩ビ素材を中心に、スチールで全体の重さを出しつつ、先端には鉛を付けることで振り心地やしなり量が調節されています。

使い方は簡単。

【1】スライドするグリップのほうを右手、動かないグリップのほうを左手で握り構えます。

【2】右手を徐々に放しながらテークバックしトップへ。

【3】切り返し~ダウンスウィングでは、手元が右肩辺りまで下りてきたら、スライドする右手グリップを左手グリップにカチッと音がするようにぶつけます。この瞬間、自然にシャローイングの動きができています。

【4】あとはバランスよく振り抜くだけ!

画像2: 右手を左手にぶつけるだけでシャローイングが身につく「スイングモンスター725」

切り返しで右手と左手をぶつけることで、自然とクラブが後方に倒れる、いわゆる“シャローイング“が起こり、クラブが正しい軌道に乗ってダウンスウィングできるようになります。

シャローイングといえば、現代の慣性モーメントの大きいドライバーでスクエアインパクトをするために必須の動作と言われていますが、習得するにはなかなか難しい動きですよね。

画像: みんなのゴルフダイジェスト編集部のプロゴルファー・中村修によるデモンストレーション。3枚目が右手と左手をぶつけた瞬間

みんなのゴルフダイジェスト編集部のプロゴルファー・中村修によるデモンストレーション。3枚目が右手と左手をぶつけた瞬間

しかし、このスイングモンスター725を使うと、そのシャローイングの動作の感覚が分かるようになって、スウィングも劇的に変わります。とくに最近の高慣性モーメントドライバーでボールをつかまえられなくて悩んでいるゴルファーに強く勧めたい練習器具です。

踏むだけでインパクトが強くなる!「ファイヤーインパクト」

続いては、さらにシンプルな“踏むだけ”の練習器具、ファイヤーインパクトです。踏むだけというシンプルさが受けて、現在ヒットアイテムになっています。このアイテムが実現するのは、ズバリ力の逃げないインパクト。

「インパクトで力が逃げる」。スライス同様、アマチュアの代表的なスウィングの悩みの1つですよね。インパクトでは、プロみたいに溜めた力を余すことなく一気にぶつけたい! ファイヤーインパクトは、それを実現するための器具なんです。

画像1: 踏むだけでインパクトが強くなる!「ファイヤーインパクト」

使い方は簡単で、ファイヤーインパクトを右足の下、または左足の下に置いて使います。2つ必要ですが両足の下に置くという使い方もおすすめです。本体裏にはプラスチック製の突起が付いているのですべりにくく、練習場のマットの上でもしっかりスウィングできますよ!

画像2: 踏むだけでインパクトが強くなる!「ファイヤーインパクト」

ここで使い方を詳しくご説明いたします。

まず、右足の下にファイヤーインパクトを置きます。右足が左足より少し高くなることでテークバック時に右へスウェイしにくくなるので、力の逃げない「飛ばせるテークバック」を体感することができます。ダウンブローで打つ感覚も分かりますよ。

インサイドからクラブを入れてくる人は、平らなライや左足上がりが得意で、左足下がりが苦手なことが多いですが、そういう方にもおすすめの練習法です。

画像3: 踏むだけでインパクトが強くなる!「ファイヤーインパクト」

次はその逆。左足の下に置けば、体重の乗った強いインパクトをカラダで覚えられるはずです。インパクトで左足に体重を乗せられない、左ひざが流れてしまうという方におすすめの練習法です。

体を回転させるのが苦手な方、股関節が硬くて体を回すのが苦手な方にはとくに効果が期待できます。

画像4: 踏むだけでインパクトが強くなる!「ファイヤーインパクト」

最後に、両足の下に置く練習法。いたってシンプルな練習法ですが効果は抜群。力が外に逃げないことで、スウィングの軸がしっかりしてきますよ。普段意識しにくい内転筋の動きを確認できるので、ぜひ試してみてください。

画像5: 踏むだけでインパクトが強くなる!「ファイヤーインパクト」

手軽に理想のスウィングを体感できる「Fire Impact(ファイヤーインパクト)」。定番の練習器具だけに、効果は折り紙つきです。

紹介したスイングモンスター725とファイヤーインパクトは、併せて使うのももちろん効果的! ボールを打つだけの練習ではなかなか上手くなれないよな〜と実感している方は、ぜひ使ってみてくださいね。

ゴルフダイジェスト公式通販サイト「ゴルフポケット楽天市場店」はこちらから⇩

This article is a sponsored article by
''.