ドライバーで左へ曲がるミスと、ひとことで言っても左から左、真っすぐから左、右に出て左へと曲がるチーピンと曲がり方はいろいろ。間違った修正でドツボにハマらないよう、ミスの傾向からそのメカニズムの分析と改善法をプロゴルファー、フィッター、トラックマンマスターという三刀流の資格をもつ小島慶太プロに教えてもらった。

ミスの傾向がどんな弾道なのかによってメカニズムも改善法も大きく異なると小島慶太プロ。小島はプロテスト合格後にツアー参戦したあとティーチングプロ資格、トラックマンマスター、TPIレベル3、タイトリストフィッテイングマスターなどスウィング面と計測器、フィッテイングまでの幅広い資格を取得した異色のプロ。ここでは左へのミスの中でも代表的な、真っすぐに出て左へと曲がる弾道を解説してもらうことにした。

画像: レギュラーツアーに参戦経験もあり、ティーチングプロ、TPIレベル3、トラックマンマスターとタイトリストフィッテイングマスターの資格を持つ三刀流プロの小島慶太

レギュラーツアーに参戦経験もあり、ティーチングプロ、TPIレベル3、トラックマンマスターとタイトリストフィッテイングマスターの資格を持つ三刀流プロの小島慶太

低い弾道で真っすぐに打ち出され左へと曲がる軽い”チーピン”。なぜチーピンと呼ばれるのかは麻雀パイのピンズの7、つまり「チーピン」と弾道が似ているからという説が有力だが、クラブフェースの向きや軌道はどうなっているのだろうか(画像A)。

「まずデータからこの弾道のメカニズムを説明すると、左に出て左に曲がるチーピンは入射角がダウンブローになるケースが多いのですがこの軽いチーピンの場合、入射角はかなりのアッパー軌道になっています。アッパー軌道が多い女子プロの平均が3度から4度と言われる中で、このデータのような7度のアッパー軌道はインパクト前後でフェースが返ってしまう原因にもなっています。ドライバーの場合、クラブ軌道の最下点を過ぎてからインパクトを迎えるのが理想ですが、少し最下点が手前過ぎる状態です」(小島慶太プロ、以下同)

画像: 画像A 真っすぐに打ち出して左に曲がる軽いチーピンのメカニズムは、強すぎるアッパー軌道と強すぎるインサイドアウト軌道にある

画像A 真っすぐに打ち出して左に曲がる軽いチーピンのメカニズムは、強すぎるアッパー軌道と強すぎるインサイドアウト軌道にある

ではこのミスが出るスウィングの傾向を教えてもらおう(画像B)。

「スタンスも体の向きも右を向いて構えていて、テークバックからインサイドに引きターゲットよりも右方向に振ろうとする動きが強すぎます。左にミスすることを嫌がることで右に振り過ぎているケースが多いのではないでしょうか」

なるほど、とくにドライバーの場合は「右が嫌なら右に振れ、左が嫌なら左に振れ」と言われるようにターゲットラインよりも右に振ればインサイドアウト軌道になり左に曲がる弾道に、左に振ればアウトサイドイン軌道になり右に曲がる弾道になるというのは理屈では理解しているつもりだが……。

画像: 画像B 左への曲がりを嫌がるあまり、スタンスは右を向きボールの位置も左に置きすぎてしまう。そしてインサイドアウトに振る意識が強すぎるためアッパー過ぎる入射角とインサイドアウトの度合いが強いスウィングになってしまう

画像B 左への曲がりを嫌がるあまり、スタンスは右を向きボールの位置も左に置きすぎてしまう。そしてインサイドアウトに振る意識が強すぎるためアッパー過ぎる入射角とインサイドアウトの度合いが強いスウィングになってしまう

入射角がアッパー過ぎてクラブパスもインサイドアウト過ぎるスウィングの傾向を修正するには、まずはスウィングダイレクション(スウィング軌道の向いている方向)を修正したいと小島プロ。

「このタイプはターゲットラインよりも右を向いたアドレスに加え、ボールの位置も左に置きすぎている傾向があります。ですからスタンスはターゲットに平行、ボールは左わきの下くらいに置くようにします。それだけでもスウィングダイレクションは変わってきます。ですが、左に曲がることを嫌がるタイプは左に振り抜くことが苦手なのでヘッドカバーを使ったドリルを提案します!」

画像: 画像C ターゲットラインと平行なスタンス向きと左わきの下に置いたボールの位置に修正し、ボールの右手前と左前にヘッドカバーを置いて打つことで、左へ振り抜く感覚をつかむドリルで軌道と入射角を改善できる

画像C ターゲットラインと平行なスタンス向きと左わきの下に置いたボールの位置に修正し、ボールの右手前と左前にヘッドカバーを置いて打つことで、左へ振り抜く感覚をつかむドリルで軌道と入射角を改善できる

スタンスの向きとボール位置を修正して構えたら、大きなヘッドカバーをボールの右手前と左前に置くことで視覚的にインサイドアウトの軌道を弱め、入射角も整える効果が期待できるという。

強すぎるインサイドアウト軌道が修正されれば自ずとアッパー過ぎる入射角も許容範囲の3度前後におさまってくると小島プロ。左に振り抜くことを怖がらずにドリルで試してみよう!

This article is a sponsored article by
''.