女子プロゴルファー・斉藤愛璃が新たなエースパターを探すべく、プロゴルファー・堀口宜篤をアドバイザーに最新パターを打ち比べ! 今回は米国メーカー「ラブゴルフ(L.A.B. GOLF)」の「MEZZ.1」を打ってみた。

近年、各メーカーが送り出すパターはさまざまな独自設計やテクノロジーを取り入れ、フィーリングの向上を図ったり、寛容性を高めているモデルが多い。なかでもアダム・スコット、シャール・シュワルツェルとPGAツアーで活躍するトッププロたちも使用し注目が集まっているのが、米国メーカー「ラブゴルフ(L.A.B. GOLF)」の「MEZZ.1」だ。

画像: 女子プロ・斎藤愛璃(左)が堀口宜篤プロ(右)のもと、ラブゴルフ「MEZZ.1」パターを試打!

女子プロ・斎藤愛璃(左)が堀口宜篤プロ(右)のもと、ラブゴルフ「MEZZ.1」パターを試打!

一見するとセンターシャフトで角型ミッドマレットと、その形状とネックのタイプだけでも物珍しさがあるが、最大の特徴は「ゼロトルクな点です」とプロゴルファー・堀口宜篤は言う。

画像: ラブゴルフ「MEZZ.1」

ラブゴルフ「MEZZ.1」

「一般的なパターはストローク中シャフトを軸にヘッドが開閉する動きが入るのですが、『MEZZ.1』はライアングルバランス設計で、ストローク中にヘッドが開閉しにくく、つねにフェース面が飛球線方向を向いてくれるんです。かなりオートマチックに打てるのがこのパターの特徴ですね」(堀口)

画像: ラブゴルフ「MEZZ.1」のアドレスルック

ラブゴルフ「MEZZ.1」のアドレスルック

その性能は女子プロ・斉藤愛璃をして「見たことないパターですね」と言わしめた「MEZZ.1」。では斉藤に実際に試打してもらった際のインプレッションを聞いてみよう。

「実際に打ってみると、結構つかまりそうなイメージがありますね。どちらかというと右に逃げる球は出なそうです。打感もそんなにクセがなく、しっかり音が出て転がってくれます。個人的にはもうちょっとヘッドの動きが欲しいかも、と思うくらいストローク中に暴れないですね」(斉藤)

画像: 実際に「MEZZ.1」を試打した斉藤。「オートマチックでやることがシンプル」と評価した

実際に「MEZZ.1」を試打した斉藤。「オートマチックでやることがシンプル」と評価した

今まで使ってきたパターとの挙動の違いに戸惑うも、「.MEZZ.1」のオートマチックさを実感した斉藤。「どうしてもヘッドが暴れちゃうという方は、これくらい動かないパターのほうが方向性のブレが出ないと思います。どうしてもフェースを開いて打ってしまうタイプの方って、ここぞっていうときにスライスラインを右に外しちゃったりするのですが、このパターならそれが断然抑えられますね」と評価した。

「軌道通りに転がるので、ちゃんと狙い通りキレイにストロークできていれば、ヘッドに変な遊びが出ないです。やることがシンプルなので扱いやすいパターと言えますね。これは面白いです」(斉藤)

その性能に加えて「MEZZ.1」はカスタマイズ性も高い。「ヘッドにはソールに8個、ヘッドの両サイドに2個のウェートが付いていますが、ゴルファーに合わせて個別に調整可能。ヘッド上部のアライメントラインのアリ・ナシも選べますよ」と堀口。

ストロークしてもヘッドが暴れない、ゼロトルクの「MEZZ.1」パター。もちろん斉藤が「もうちょっとヘッドの動きが欲しいかも」と感想を述べたように、ゴルファーのストロークによって向き・不向きは出てくるが、そのオートマチック性能は折り紙付き。ぜひ一度手に取ってみてはいかがだろう。

協力/PGST

This article is a sponsored article by
''.