今回のギアはタイトリストのVG3ドライバー! やさしいアスリートドライバーを試打してみました。
タイトリスト VG3ドライバー

画像: VG3ドライバーやさしいけどかっこいい

今回試打したスペックは
長さ46インチ
ロフトは9.5度
シャフトはVG50 フレックスS

形状は915シリーズの流れを汲んだ アスリート向けじゃが、9.5度でもフェース面が見えて ボールが上がりやすそうな安心感があるの。
では試打してみよう

画像: 全力試打!ギア王 「タイトリスト VG3ドライバー」 youtu.be

全力試打!ギア王 「タイトリスト VG3ドライバー」

youtu.be

ハジキがよくて
初速が速い

画像1: ハジキがよくて 初速が速い

フェース面は十分に面積があり安を心感は十分。形状は915シリーズのようにかっこよくて色も強そうに見えるぞ

画像2: ハジキがよくて 初速が速い

打感は硬すぎず、ボールの重さや感触を感じられる軟らかさももあって操作性もよさそうじゃ。トォ側から見るとシャローバックで球が上がりやすい設計じゃ。一般的にディープフェースは叩ける形状、シャローフェースは球が上がりやすいと言われておるぞ。

ソールの凹みもしっかり見えるくらい深く刻まれている。フェースの反発を高めてミスヒットにも強くなっているようじゃ。

46インチでも
軽く振り抜ける

シャフトのどの部分がしなっているか感じられるからダウンスウィングのタイミングが取りやすい。
しなりを感じながら打てば、打ち急いだりインパクトで力んだりすることなく、気持ちよく振り抜けるシャフトじゃのう。

画像: 46インチでも 軽く振り抜ける

46インチの長さを感じさせない軽さと振り抜きのよさは、アベレージゴルファーにとっては大きな武器になりそうじゃ。
やさしいアスリートドライバーとはよく言ったもんじゃな!
<また次回をお楽しみに~>

画像: www.youtube.com

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.