近年、ドライバーの評価もうなぎ上りのタイトリストだが、もとよりアイアンの評価が高いメーカー。アイアンは「タイトマニア」の人も少なくないだろう。そのタイトの最新アイアンはコレ!

タイトリスト716「CB」&「AP2」

画像: これは究極の選択だ!
タイトリスト716「CB」「AP2」

716シリーズは他にマッスルバックの「MB」、やさしく打てる「AP1」があるが、日本では「CB」と「AP2」が多くの支持を集めるので、今回はこの2モデルを取り上げた。
しかも、この2モデルで「どちらを選ぶか」迷うゴルファーも多い。ワシのインプレッションを参考にしてもらえれば幸いじゃ。

714シリーズよりもさらに
近づいた「CB」と「AP2」

まずは、形状の違いを見てみよう。

こちらはCB

画像1: 714シリーズよりもさらに 近づいた「CB」と「AP2」

こちらはAP2

画像2: 714シリーズよりもさらに 近づいた「CB」と「AP2」

一番の違いは「CB」のほうがトップブレードが薄く、「AP2」のほうがやや厚いという点。その分、「AP2」のほうがやさしさを感じる。さらには、ネックの形状。FP値(シャフト軸線からリーディングエッジまでの距離)は、両者とも同じなのだが、「AP2」のほうが、グース感がしっかりつけてある。このあたりも、やさしさを感じる味つけがしてあるな。

続いてはトウ側からじゃ。

CB

画像3: 714シリーズよりもさらに 近づいた「CB」と「AP2」

AP2

画像4: 714シリーズよりもさらに 近づいた「CB」と「AP2」

先ほども触れたように、トップブレードのシャープさは、わずかに違いがあるな。ちなみに、ロフトは「CB」の7番が34度、「AP2」が33度と、わずかに差をつけている。

さらにフェース面を見比べてみよう。

CB

画像5: 714シリーズよりもさらに 近づいた「CB」と「AP2」

AP2

画像6: 714シリーズよりもさらに 近づいた「CB」と「AP2」

ここでわかるのは、トウのピークの位置と形状の違い。「CB」のほうがトウ寄りに頂点があり尖っていて、「AP2」のほうがややヒール寄りにあり丸みを帯びている。このあたりにも、「CB」よりも「AP2」のほうがマイルド感がある。

「CB」は打感に“厚み”
「AP2」は“柔らかさ”を感じる

では、試打してみることにしよう。まずは「CB」から。

画像: みんなのゴルフダイジェスト「全力試打!ギア王」タイトリスト716CB youtu.be

みんなのゴルフダイジェスト「全力試打!ギア王」タイトリスト716CB

youtu.be

おっ、前モデルの714CBに比べて、かなりやさしくなった印象がある。ちょっと芯を外したかな、と思っても、打感もあまり悪くならないし、距離の落ち込みも小さい。許容性が増した感じじゃ。今回、比重の重いタングステンを一体鍛造して、慣性モーメントをアップさせているらしいが、その効果はしっかりと出ているな。
打感は、やはりいいのぉ。マッスルバックとはまた違った、ソフトなフィーリング。それでいて、芯を喰ったときの厚みのある打感。これはやはり、打球面の裏にそれなりの厚みを残してある“ハーフキャビティ”形状の賜物だろう。がっつり打球面の裏を削り取ったキャビティバックでは、こうはいかんからな。

では、「AP2」を打ってみよう

画像: みんなのゴルフダイジェスト「全力試打!ギア王」タイトリスト716 AP2 youtu.be

みんなのゴルフダイジェスト「全力試打!ギア王」タイトリスト716 AP2

youtu.be

おぉ、見た目には「CB」に近くなった今回の「AP2」だが、打ってみると違いがよくわかる。まず打感は、“厚み”という点では「CB」に譲るものの、“柔らかさ”では「AP2」が一枚上手じゃ。裏を返せば、やや芯がぼやけるとも言えなくはないが、柔らかい打感は、それはそれで気持ちがいい。「AP2」のほうがより芯が広い印象になる。
そして、打球だが、「AP2」のほうがヘッドの直進性が高く、「CB」をマニュアル車とするならば、「AP2」はセミオートマ感覚。「AP2」は球の操作感もありつつ、もちろん、直線的にターゲットを狙うこともできる、オールマイティなアイアンじゃ。同じ軟鉄鍛造ながら、「AP2」のほう“初速”が速い。飛距離も3~5㍎ぐらい上回っているな。

タングステンの効果は
意外と大きかった!

今回打った「CB」と「AP2」。どちらもタングステンを一体成型した複合モデル。

画像: タングステンの効果は 意外と大きかった!

これにより、芯を外した時のヘッドのブレが小さくなり、許容性がアップしている。特に「CB」はその進化が顕著じゃ。そういう意味では、トップモデルの「MB」と「CB」の差が広がり、逆に「CB」と「AP2」の差が縮まった印象を受ける。その中で、より妥協を許さないアスリート志向なら「CB」、カッコよさも、やさしさも大事なら「AP2」ということになるな。
前作の714シリーズでも、「CB」と「AP2」で迷うゴルファーが多かったと思うが、今回はさらに難しい選択になりそうだな。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.