鮮烈なブルーが目をひくナイキのヴェイパーフライシリーズ。色ばかりが目につくと思っているアナタ、これ、本当に性能がいいクラブだと評判なんですよ。ご存知でしたか?

ほら、この方もお気に入りですから。この方は「VRプロブレード」という旧モデルのアイアンを愛用していますが、ドライバーはこのヴェイパーフライシリーズが出るや否やすぐさまスウィッチ。性能の高さを伺わせますよね。

画像1: ナイキの限定モデル
ヴェイパーフライ”黒”
カッコよすぎるッ!

このヴェイパーフライシリーズのドライバーに、限定色が出たんです。その名もヴェイパーフライブラックアウト。なにこの名前、いきなりカッコいい!!

画像2: ナイキの限定モデル
ヴェイパーフライ”黒”
カッコよすぎるッ!

こちらはヴェイパーフライ・ブラックアウト。丸顔でやさしめのモデルです。で、どんな顔をしているのかというと…

画像3: ナイキの限定モデル
ヴェイパーフライ”黒”
カッコよすぎるッ!

おおーーー!!見事に真っ黒です。ヘッド後方のカーボンパターンがめちゃくちゃクールですね。で、ノーマルモデルでは黄色く塗られていた「スウッシュ(おなじみのナイキロゴ)」が白くなっています。これ、オブジェとして飾っておくだけでサマになりそう!

画像4: ナイキの限定モデル
ヴェイパーフライ”黒”
カッコよすぎるッ!

キャビティバック部分も見事に”ブラックアウト”されちゃっています。ノーマルモデルでは、黄色く塗られていました。

で、フェース面はというと……

画像5: ナイキの限定モデル
ヴェイパーフライ”黒”
カッコよすぎるッ!

ハイ、この通り、一面ブラックアウト!ノーマルでは、ヴェイパーフライのフェース面はシルバーなんですが、真っ黒です。カッコいいです。

で、こちらがマキロイ使用モデルと同じ、ヴェイパーフライプロの”ブラックアウト”。

画像6: ナイキの限定モデル
ヴェイパーフライ”黒”
カッコよすぎるッ!

上のヴェイパーフライと、色での見分けはほぼつきません。ノーマルラインでは、ヴェイパーフライには銀色、ヴェイパーフライプロには黒があしらわれており、ふたつを見分けられます。

画像1: www.pgatour.com
www.pgatour.com

おっ、ソールに銀色が見えます。飛ばし屋トニー・フィナウは意外にもヴェイパーフライなのか!

画像2: www.pgatour.com
www.pgatour.com

ブルックス・ケプカもヴェイパーフライ。飛ばし屋にはこっちが人気?

画像: www.zimbio.com
www.zimbio.com

マスターズチャンプのシャール・シュワーツェルはマキロイと同じヴェイパーフライプロ。リオ五輪には出ないんですって、シュワちゃん…… 

と、このように、ヴェイパーフライかプロかは、ソールを見れば一目瞭然でした。しかし、ブラックアウトされたモデルでは、見分けるのは形状のみ!ギアマニアの心が踊ります。

で、これがヴェイパーフライプロ・ブラックアウト。

画像7: ナイキの限定モデル
ヴェイパーフライ”黒”
カッコよすぎるッ!

あれ、上の同じでしょ?なんていうのは野暮ってもんです、旦那。顔の形がしっかり違っているんですよ。ほら!

画像8: ナイキの限定モデル
ヴェイパーフライ”黒”
カッコよすぎるッ!

クーーーッ、ピアーシェイプでプロ好み!これ、小さく見えますが、460CCあるんです、ちゃんと

画像9: ナイキの限定モデル
ヴェイパーフライ”黒”
カッコよすぎるッ!

結構なディープフェース。低スピンでぶっ飛んでいきそうですね。上記ヴェイパーフライとはフェースの形状がまるっきり異なっています。見比べてみてください。

で、ふたつのモデルをトウ側から比べると、こんな感じ。

微妙な差異ですが、重心の位置が結構違っていて、やさしさや球質が変わってくるんです。やさしいのはやっぱりヴェイパーフライでしょうね!

「カッコいいのはわかった。で、どっちを選べばいいの?」というあなたは、こちらをご覧いただければと思いますです、ハイ。

ということでご紹介してきたナイキのヴェイパーフライ・ブラックアウトシリーズ。限定商品ですから、気になる方はお早めにチェックしてみてくださいね!!

http://store.nike.com/jp/ja_jp/pw/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA-%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95-%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96/7puZahaZof8?ipp=87

上達企画は当たり前、気になるギアも速攻紹介していきます!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.