ダウンロード数国内NO.1のゴルフ動画配信・スコア管理アプリの「ゴルフネットワークプラス」。その中に、自分の悩みに応じたレッスンをスマホで手軽に観られる動画コンテンツ『練習ドリル』がある。その中から、内藤雄士コーチによる「切り返し~インパクトの基本」を習得するための簡単ドリルを紹介!

意識するのは「腰の回転に腕がついてくる」スウィング

バックスウィングからダウンスウィングへと移行する「切り返し」で力むと、手打ちになってミスの元。ここを上手くできれば……と悩むゴルファーは多いもの。内藤雄士コーチに、上手いやり方を教えてもらおう。

「トップの位置から、わきを軽くしめた状態で、両腕の重さでクラブをおろします」(内藤コーチ、以下同)

画像1: 意識するのは「腰の回転に腕がついてくる」スウィング
画像: 脇は軽くしめ、両腕の重さでクラブをおろす

脇は軽くしめ、両腕の重さでクラブをおろす

「そのとき、体重が乗った左足を軸にして、左のお尻が真後ろにいくように体を回転させます」

画像: 体重がのっている左足を軸にする

体重がのっている左足を軸にする

画像: 左のお尻が真後ろにいくように体を回転させる

左のお尻が真後ろにいくように体を回転させる

「ヘッドを落としたところからさらに腰を切ってインパクトします」

画像2: 意識するのは「腰の回転に腕がついてくる」スウィング

「手が先に動くのではなく、腰の動きが先行することより、最後にヘッドがついてきて、インパクトします」

画像: 手が先行している悪い例

手が先行している悪い例

画像: 腰の動きが先行するよう意識する

腰の動きが先行するよう意識する

「これにより、バックスイングで貯蓄されたパワーが、インパクトの時に一気に解放されます。飛距離が伸び、軌道も安定し、方向性が良いスイングが可能となります」
アマチュアは、トップから切り返しで、ついつい手や上体から打ちにいってしまい、スライスやヒッカケを誘発している。ドリルによって、正しい切り返しを身につけよう。

※レッスン番組「あすゴル!」より

画像3: 意識するのは「腰の回転に腕がついてくる」スウィング
画像4: 意識するのは「腰の回転に腕がついてくる」スウィング
画像: ないとう・ゆうじ 1969年生まれ。日本大学在学中にアメリカに留学。最先端のゴルフ理論を日本に持ち帰ると、丸山茂樹のPGAツアー3勝をサポート。ツアープロコーチの概念を日本に根付かせた。今回の記事は、ゴルフネットワークで放送/配信中の「あすゴル!」より

ないとう・ゆうじ 1969年生まれ。日本大学在学中にアメリカに留学。最先端のゴルフ理論を日本に持ち帰ると、丸山茂樹のPGAツアー3勝をサポート。ツアープロコーチの概念を日本に根付かせた。今回の記事は、ゴルフネットワークで放送/配信中の「あすゴル!」より

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.