バンカーからグリーンを狙う大事なショット。足元をを“ぐりぐり”としっかり固めてから、いざ打とうとしたけれど、やっぱりクラブを替えたくなっちゃった! 
画像: 「52度じゃ越えられないかな……」

「52度じゃ越えられないかな……」

セカンドショットが残念ながらバンカーへイン。続く3打目はきっちりグリーンオンを狙いたいところ。ピンからはやや距離がありそうだったので、52度のウエッジを選んだ。

画像: 「あ、ぐりぐりぐり…」っと!

「あ、ぐりぐりぐり…」っと!

足が滑らないように、足元をしっかり固めて「ぐりぐりぐり……」とスタンスを取ったけれど、いざ構えてみたら意外にもアゴの高いバンカーだったことが判明。「やっぱり58度に替えようっと!」とクラブを別のものにしようとしたら……。

「ちょっと待って! いまスタンスを取るために足をぐりぐりしましたよね? そのまま打てば問題ないけれど、クラブを替えたら足で砂質をテストしたとみなされるから、2打罰になりますよ」

「そんなー! クラブを取り替えたのは確実にアゴをクリアしたいと思ったからで、別に砂質を判断するために足をぐりぐりしたわけじゃないもの。そこは問題ないんじゃないの?」

さて、正しいのはどっち?

「足ぐりぐり」の後、クラブを替えた

  • クラブを取り替えても問題ない

    バンカー内でのプレーに限らず、スタンスを取るときに両足をしっかりと地面に据えることは認められている(規則13‐3)。またバンカー内でクラブを取り替えたり、スタンスを2度取ることを禁止する規定はなく、今回のケースも砂質をテストしたとはみなされないため罰はない(裁定13‐4/26)。

  • 砂質のテストとみなされ2打罰

    バンカー内でのプレーに限らず、スタンスを取るときに両足をしっかりと地面に据えることは認められている(規則13‐3)。またバンカー内でクラブを取り替えたり、スタンスを2度取ることを禁止する規定はなく、今回のケースも砂質をテストしたとはみなされないため罰はない(裁定13‐4/26)。

  • クラブを取り替えても問題ない
    77
    1390
  • 砂質のテストとみなされ2打罰
    23
    426

※週刊ゴルフダイジェスト3月21日号「ゴルルとルール。」より(監修・小山混)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.