グリーンまで130ヤードのちょっと距離のあるFWバンカー。ダフらずクリーンヒットできれば、グリーンオン可能な状況だ。ダフったりトップせずに、ピンチをチャンスに変える打ち方を阿河徹プロが教えてくれた。FWバンカーからナイスオンさせる「3ステップ」!

コンパクトに振ってクリーンにとらえる

さて、FWバンカーからナイスオンをするためには、まずグリーンを狙えるのか、狙えないのか、冷静に状況を判断することが大事だと阿河プロは言う。

「ボールが少しでも沈んでいると、クリーンにヒットすることが難しくなります。また、フェアウェイバンカーからは、通常の芝の上のショットに比べて、ボールの打ち出し角が低くなるので、アゴの高さもしっかりチェックしましょう」(阿河、以下同)

画像: スタンスは普段より狭く、大振りせず、グリップを短く持ちコンパクトに振ろう

スタンスは普段より狭く、大振りせず、グリップを短く持ちコンパクトに振ろう

冷静にジャッジして「いける」と判断したら、3ステップへと進もう!

ステップ 1:ボールのライを見極めて、狙い方を決める

ボールが浮いている場合=キャリーで狙う

硬く締まった砂ならボールは沈みにくい。

「ヘッドを入れるスペースがあるので、高さも距離も出せる。思い切ってグリーンを狙っていけます」

画像: 全く沈んでなく、砂の上に乗っている状態なら高さが出せるぞ!

全く沈んでなく、砂の上に乗っている状態なら高さが出せるぞ!

ボールが沈んでいる場合=転がし上げる

砂が軟らかかったり、レーキ跡の溝に入って沈んでいるときは、ボールを右足寄りにセット。

「グリーン周りの障害物を避け、花道狙いで転がし乗せるイメージで」

画像: 少しでも沈んでいたらボールを右寄りにセットしよう

少しでも沈んでいたらボールを右寄りにセットしよう

ステップ 2:アゴの高さに応じたクラブを選ぶ

グリーンまでの距離ではなく、アゴの高さでクラブを選択。「アゴの高さによっては8Iの距離が残っていたとしても、9Iを選びます。ボールの打ち出し角度を考えてクラブを選びましょう」

画像: 「普段よりも薄めに、ボールを上からとらえるので、通常の8Iより弾道は低くなることを考慮して判断します」

「普段よりも薄めに、ボールを上からとらえるので、通常の8Iより弾道は低くなることを考慮して判断します」

FWバンカーではアゴに当たるのが最悪のミス。それだけは避けよう。

ステップ 3:肩から肩スウィングで大振りしない

砂の上は足場が不安定なので大振りするとバランスを崩しやすい。

「手元を肩よりも高く上げない、コンパクトなスウィングでミートを優先します」

画像: 「グリップを短く持ち、ボールは通常よりも1個分右。クリーンヒットしやすくなります」

「グリップを短く持ち、ボールは通常よりも1個分右。クリーンヒットしやすくなります」

3つのステップをマスターすれば、「バンカーから出す1打」が、たちまちグリーンに乗る1打になる。ピンチをチャンスに変えてこそ、スコアは縮まるものだ。

(週刊ゴルフダイジェスト2015年4/28号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.