2017年4月20日~23日まで行われる国内男子ツアー2戦目のパナソニックオープンの練習日にて、昨年の賞金王でもあり、今大会のディフェンディングチャンピオンの池田勇太に黄金に輝くパターとウェッジが進呈された。その様子を激写したのでご紹介しよう。

こんにちは! バンキシャM子です('◇')ゞ 本日は千葉カントリークラブ梅郷コースで行われている国内男子ツアー2戦目の「パナソニックオープン」に来ていますよ。男子ツアーにはなかなか行かないので少し緊張しましたが、みなさんにお届けできるネタを拾ってきました。

池田勇太プロ、ゴールドパターの感想は?

会場では今大会のディフェンディングチャンピオンで賞金王の池田勇太プロに賞金王の記念として「ゴールドパター」を進呈するというウワサが……。このウワサは本当なのか!

オデッセイのツアー担当鈴木和臣さんに確認したところ、「そうなんです、今、タイミングを見ているところなんですよ」ということで、池田プロの手に渡る前に撮影させていただきました。

画像: マットゴールドが高級感を醸し出してますね

マットゴールドが高級感を醸し出してますね

マットなゴールドに加工されたこちらは「ホワイトホット RX V-LINE FANG」。池田勇太プロ使用のパターです。

このパターのフェース部分に記念のオウンネーム、シャフトにもオウンネーム、そしてグリップは実際に使っているものと同じだということでした。

画像: オウンネームもバッチリ!

オウンネームもバッチリ!

ゴールドパターというとピンがツアー優勝者に送るゴールドパターが有名ですが、そちらとは違ってオデッセイはマットゴールド。金ピカもいいけど、マットゴールドもなんだか高級感があっていい感じです。

画像: 池田プロのこの笑顔

池田プロのこの笑顔

ゴールドパターだけかと思いきや、実は金メッキされたゴールドウェッジも一緒に進呈。パターはマットゴールド、ウェッジがギラギラゴールドでした。「両手に華」ならぬ「両手に金」の感想は?

「これ、俺がまぶしいわ……。また会社に飾らなきゃなー」

画像: クラブを入れるためのケースも進呈!

クラブを入れるためのケースも進呈!

なんて、嬉しそうに笑いながらそのまぶしさに目を細めていました。完全にサプライズだということで、大成功でしたね。明日からの池田プロのゴールドパワーに期待です!

明日から始まるパナソニックオープンは試合観戦に関してちょっと面白い試みもしているみたいです。ぜひ下の記事も見てみてくださいね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.