月刊ゴルフダイジェストで連載中の「マイクラブ・マイギアを語ろう!」。2017年6月号で紹介されているのは昨年2勝を上げ、2017年シーズンもスタジオアリスで2位タイなど好調にプレーしているキム・ハヌルの14本。「クラブはフィーリングが合っているから、あえて替えません」と言う相性バッチリのクラブを見てみよう!

顔と打感が理想的。ホンマゴルフ「TW727 455ドライバー」

「オフシーズン中にウェートトレーニングをしたおかげで、今年は10ヤード近く飛ぶようになりました。それでも打感は相変わらず良いし、打球音も気持ちいい。だから、替える理由がないんです」

重心深度はやや浅め。重心距離も抑えられていて、叩いた時の適度なつかまり感が気持ち良さにつながるようだ

フェースはストレート、ロフトは9度

ショットに直進性を求めるハヌルの好みはストレートフェース。構えやすさがスムーズなスウィングを引き出す。

「“顔”に安心感があるから、自信を持って振れる。スウィングの調子が良くなったので、飛ぶようになりました」

操作性の高そうな小顔が好み

バランスの良いセミディープフェースが、叩いていける安心感を演出する。

画像: フェースが厚めでしっかり叩ける

フェースが厚めでしっかり叩ける

シャフトは弾き系『VIZARD』YA55のRフレックス。実はこれ、イ・ボミと同じ。本間ゴルフのツアーレップによると、手元がしっかりしているので、それほど軟らかくは感じないとのこと。

画像: シャフトはYA55の44.75インチ、硬さはR

シャフトはYA55の44.75インチ、硬さはR

「このクラブを使いこなすためスウィングを考えました」と話すほど惚れ込んだクラブ。今シーズンは悲願の賞金女王になることができるのか?キム・ハヌルから目が離せないぞ~。

画像: やさしく飛距離性能がある。距離が残っていてもグリーンを狙っていけるセッティング

やさしく飛距離性能がある。距離が残っていてもグリーンを狙っていけるセッティング

この記事は、現在発売中の月刊ゴルフダイジェスト6月号「マイクラブ・マイギアを語ろう!」の一部。記事では愛用のパターやウェッジ、アイアンにユーティリティに至るまでをじっくり語ってくれている。ハヌルのセッティングをもっと知りたいという人は、本誌をチェックしよう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.