プロや上級者のフォロースルーを見ると、右手が左手よりも上になる。この形こそが、厚い当たりの絶対条件となる。最大の効果はヘッドが加速することと話すのは、上田桃子のコーチを務めている辻村明志。『右手が上』のスウィングはどうすればできるのか? じっくり迫ってみた。

「右手が上」だから球がつかまり強く飛ぶ

「右手を返すことで、ダウンスウィングでヘッドが加速するんです。プロやアイアンが上手な人は無意識にやっています。ヘッドスピードが上がるので、当然飛距離も伸びることと、インパクトゾーンが長くなるため、しっかりとつかまえることができることを知っているからです」(辻村、以下同)

画像: これが上手い人の共通点「右手が上」のフォロー

これが上手い人の共通点「右手が上」のフォロー

インパクトの形から右手を返してボールを押そう

「右手が上」になるために、辻村は手首を返すタイミングが重要だという。それを覚えるために効果的なのが、インパクトの形からフォローに向かってボールを押す練習法だ。

「ポイントはインパクトの形を作って、腰を入れた状態にしておくこと。そこから右手首でこねるのではなく、両手を回します。するとヘッドは左に向かってターンするのにボールは真っすぐ転がるはず。これが正しく押せている状態で左にボールが引っかかるのは、腰が止まって手首だけでこねているからなんです」

ポイント 1:体の中心に軸を意識しておく

体が少しでも突っ込むと腕や手は返りにくくなる。体の中心軸を意識して、とくに頭の位置が左に流れないようにすると、フォローで右手が上になりやすい。

画像: 「ここから左へはいきません」

「ここから左へはいきません」

ポイント 2:右手を内旋させながら返す

手首を返そうとするとこねる動きになる。手首ではなく右腕を内旋させるように動かすと、ボールを押す動きになる。

画像: 「曲がった状態から一気に伸ばす」

「曲がった状態から一気に伸ばす」

「右手が上」で打てるようになると飛距離もアップするし、球のつかまりも良くなる。球を押す練習をして、身につけよう!

この記事は、現在発売中の週刊ゴルフダイジェスト5/9・16日号の特集「『右手が上』で打ってみよう バーディが獲れるアイアン」の一部を抜粋・編集したもの。アイアンが苦手な人は必見だ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.