世界のジュニアゴルファーが頂点を争う「2017トヨタ ジュニア ゴルフワールドカップSupported by JAL」が、2017年6月13~16日まで、愛知県の中京GC石野Cで開催される。開幕を前に日本選手団の男女7選手が5月15日、東京都内で記者会見を行い、世界一に向けて抱負を語った。

過去には松山英樹、池田勇太らが出場している

トヨタ自動車が特別協賛し、2017年で25回目の開催となる本大会は、18歳以下(大学生を除く)の国別対抗戦。2017年は、世界の65を超える国と地域から、予選を勝ち抜いた代表チーム(男子15チーム、女子9チーム)が出場する。これまでに松山英樹や池田勇太、2016年のマスターズを制したダニー・ウィレットらが出場するなど、ジュニアが世界に羽ばたく登竜門となっている。

画像: 2017年は日本選手団7人が世界一を狙う

2017年は日本選手団7人が世界一を狙う

選手団は男子が、三田真弘(15)、植木祥多(17)、米澤蓮(17)、関藤侑嗣(17)の4人。女子は、西村優菜(16)、佐渡山理莉(17)、古江彩佳(16)の3人で、計7人が参戦。今年は、佐渡山以外の6人が初出場とフレッシュな顔ぶれだ。

チーム最年少の15歳・三田真弘「団体、個人V狙う」

チーム最年少の三田は2016年の全国中学校ゴルフ選手権優勝、日本アマチュア選手権5位などの好成績が評価されて選ばれた。記者会見では、選手らが色紙に意気込みを書いて発表した。

「『初志貫徹』です。自分は、チームの中では一番年下ですが、しっかりチームに貢献して団体優勝できるように頑張ります。個人でも優勝を狙いたいです」(三田)

画像: 三田真弘(東京・代々木高校1年)

三田真弘(東京・代々木高校1年)

「『一致団結』です。この4人でしっかり一致団結すれば、世界一になることができると思います。みんなで一致団結して頑張りたいと思います」(関藤)

画像: 関藤侑嗣(広島国際学院高校3年)

関藤侑嗣(広島国際学院高校3年)

「『精神一到』です。精神を統一し、意志のあるところに道は開けるのでこの言葉を選びました。個人優勝、団体優勝を目標とし頑張ります」(米澤)

画像: 米澤蓮(岩手・盛岡中央高校3年)

米澤蓮(岩手・盛岡中央高校3年)

「『力戦奮闘』です。チーム日本として最後まであきらめずに最後までプレーをして優勝できるように頑張りたいです」(植木)

画像: 植木祥多(埼玉栄高校3年)

植木祥多(埼玉栄高校3年)

「『我』です。世界各国から強い選手が集まってくると思うんですけど、その雰囲気にのみ込まれないように、その中でも自分の力を最大に発揮できるようになりたいです」(西村)

画像: 西村優菜(大阪商業大学高校2年)

西村優菜(大阪商業大学高校2年)

「『貫(つらぬく)』です。自分の考えや自分のリズムを最後まで貫き通して、団体・個人ともに優勝できるように頑張りたいと思います」(佐渡山)

画像: 佐渡山理莉(沖縄県立名護高校2年)

佐渡山理莉(沖縄県立名護高校2年)

「『笑顔』です。私は楽しいことが好きなのでチームみんなで楽しみながら笑顔で頑張れたらいいなと思います」(古江)

画像: 古江彩佳(兵庫・滝川第二高校2年)

古江彩佳(兵庫・滝川第二高校2年)

2016年大会は、男女とも米国チームが優勝。日本選手らは、世界一奪還を誓った。また、会場では大会アンバサダーの武井壮や、過去出場経験がある池田勇太や谷原秀人から激励のビデオメッセージが流され、盛り上がりを見せていた。

若き“七人の侍”の世界を相手にした大活躍を期待したい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.