「全日本ショートコース選手権2017 関東ブロックB予選①」が5月27日(土)にてTBC太陽クラブで行われた。準決勝への切符は20枚。10オーバーのカットライン上に7名も並ぶ大接戦。マッチングスコアカード方式により、7名中3名が滑り込み準決勝に進出した。

まるで本コースのようなパー3

会場のTBC太陽クラブ(男性・女性統一ティ2175ヤード/パー54)は、本コースのような雰囲気が味わえる。広々としていて、池に浮かぶグリーンの景観も楽しめる。特に4番ホールは、100ヤードと距離は短いものの、両サイドが池に囲まれた景観の美しいホール。さらに同コースは、サッカーボールを蹴ってゴルフをする「フットゴルフ」も行っており、ジャパンオープンの会場にもなっている。

画像: 4番ホール、100ヤードの浮島のような名物ホール

4番ホール、100ヤードの浮島のような名物ホール

成績表はコチラ!

画像: ※+10(20位)までが関東Bブロック準決勝へ進出

※+10(20位)までが関東Bブロック準決勝へ進出

メダリストはトータルイーブンパーの中山秀実さん

中山さんはTBC太陽クラブのメンバーでもあり地の利を生かし見事に2位と2打差でメダリストを獲得。「緊張せず楽しく18Hまわれたので成績につながりました」と余裕のコメント。28・26の54(±0)でホールアウト。グリーン周りでは熟練の技を炸裂させていた。さらに、トップ5をTBC太陽クラブのメンバーが独占。ショートコースはコースを熟知していることが大切なのがよくわかる結果となった。距離感とマネジメントを読み取るためにも練習ラウンドは必須になるだろう。

画像: メダリストの中山秀実さん

メダリストの中山秀実さん

大会エントリーはコチラ

次回6月10日(土)の「多摩川ゴルフ倶楽部」を含め「関東予選」は全てキャンセル待ちとなっております。キャンセル待ちの方は大会本部にお問い合わせください。「中部」「中四国」予選会場には若干の余裕があるものの、大会が近づけば定員となるのは必至の情勢。エントリーはお早めに!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.