ドライバーの進化とともに「軽く振ったほうが飛ぶ」とか「力いらずの飛ばし」が脚光を浴びてきた昨今。だが、調子のいいプロほど“合わせて飛ばす”ことはせず、思いっきり振っている。期待の若手の一人である香妻陣一朗プロは「しっかり振ると曲がらないんです」と言う。詳しく聞いてみよう!

切り返しから加速インパクトは止めるイメージ!

「曲げることを怖がって当てにいくと、スウィングがゆるんで飛ばないし、余計に曲がります。だから、ボクはいつでもしっかり握っていくんです」と香妻プロ。

フェアウェイが狭く絞られたホールや、OBなどのハザードが気になるホールほど“しっかり振る”意識を持つことが大事なのだとか。

「フィニッシュまでしっかり振り切るには、力を入れるタイミングが重要。ボクの場合、テークバックは脱力して、切り返しから徐々に力を入れていくことで、効率よくヘッドを加速させているんです」(香妻、以下同)

画像: テークバックから力が入ると、インパクトではヘッドが減速する。切り返しから徐々に力を入れることで、ヘッドが加速中にインパクトできるのだ

テークバックから力が入ると、インパクトではヘッドが減速する。切り返しから徐々に力を入れることで、ヘッドが加速中にインパクトできるのだ

また、ヘッドをビュンと走らせるには、手元が大きく動いてはダメだと香妻プロ。

「速く振ろうとして、手元が左に流れると、ヘッドが遅れて振り切れません。インパクト直前に手元を止めれば、遠心力でヘッドが走り、フィニッシュまで振り切れますよ」

画像: “手元は小さく、ヘッドは大きく”がしっかり振り切るコツ。「インパクトで手元を止めれば、グリップが左に流れずに、ヘッドが走ります」

“手元は小さく、ヘッドは大きく”がしっかり振り切るコツ。「インパクトで手元を止めれば、グリップが左に流れずに、ヘッドが走ります」

“思いっきり振る”と、かえって飛んで曲がらない。思えばゴルフを始めた頃は、曲がるのを恐れずとにかく思い切り振っていた。大丈夫、あの頃よりは上手くなっているはず。小さくまとまったスウィングはやめにして、思いっきり振り抜こう!

写真/姉崎正

(週刊ゴルフダイジェスト2017年6/20号より)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.