ラフからは飛ばない……。失敗の経験が多い人ほど、すぐにレイアップを選択してしまいがちだが、そんな人に朗報だ。「芝ごと飛ばす“棒球ショット”を習得できれば、楽に飛距離を出すことができますよ」というのはツアー通算2勝の浜野治光プロ。ラフから飛距離を出す極意、じっくり教わった。

沈んでいても打ち込みは厳禁

ラフから飛ばすには「高い棒球」がいいということですが?

「ラフではフェースとボールの間に芝が挟まり、低スピンになります。打ち出し角さえ出してあげれば、棒球で飛距離を出すことができるんです。通常なら7番で打つ距離でも、あえて番手を短くして8番を選んだほうが、楽に乗せられるケースがあります」

ロフトが寝ている分、打ち出し角が確保されるわけですね。他に打ち出しを高く方法はありますか?

「鋭角に打ち込まないことです。ラフだとどうしても上からヘッドを入れたくなりますが、手前の芝を倒しながらボールにコンタクトするつもりで、低い位置からヘッドを入れましょう」

芝の抵抗に負けてしまう気がしてしまうのですが……?

「速く振ろうとすると逆に抵抗に負けやすくなります。ここがポイントで、意識の中ではゆっくり振るのです。芝をよけるようにヘッドが動き、想像以上に楽にボールにコンタクトできますよ」

画像: 棒球ショットとはスピンが少なく、高く上がって飛ぶボールのこと

棒球ショットとはスピンが少なく、高く上がって飛ぶボールのこと

【LESSON】ラフから棒球を打つための3つのポイント

ポイント1:ダウンスウィングで左に体重を乗せると、入射角が鋭角になり打ち込む軌道になってしまう。意識としては、右足に体重を残したまま右軸で振り抜く。

画像: 左への踏み込みは必要なし!「右軸で打ちましょう」

左への踏み込みは必要なし!「右軸で打ちましょう」

ポイント2:ラフの状況だと力任せに鋭角に入れたくなるが、振り子のイメージでグリップエンドを支点にヘッドを低く長く動かす。芝を倒しながらボールに到達できる。

画像: 低いところから低いところへ!

低いところから低いところへ!

ポイント3:芝の抵抗は必ずあるので、短く持つことで対処する。クラブをコントロールでき、さらに体の回転と同調させやすくなるため、スパッと振り抜ける。ただし、強く握りすぎないことも重要なポイント。

画像: 指1本分くらい短く持とう!

指1本分くらい短く持とう!

ラフから距離を出すことができないっていう人でも、棒球ショットなら楽に飛距離を出すことができる。ピンチをチャンスに変える打ち方、ぜひ試してみよう。

写真/大澤進二

(週刊ゴルフダイジェスト2017年7/18号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.