「ゴルフに行くならこんな車で行きたい」と思ったことあるだろうか。そんなアナタに中古車情報をお届け。今回は、100年以上も前から高級車を生産してきた名門ブランド「マセラティ」を紹介しよう。

他人に差をつけるイタリア車というチョイスはいかが?

画像: 芸術の国!イタリアンデザイン

芸術の国!イタリアンデザイン

あの"トレンディ"俳優や"ちょい悪"イタリア人も乗っていた……らしい「マセラティ グランスポーツ」。ラティ クーペをベースに開発されたモデルだ。見た目からしてミケランジェロの芸術品のようなオーラが炸裂。さすが100年以上も前から高級車を生産してきた名門ブランド。フェラーリやランボルギーニよりもはるかに古い歴史と伝統を誇る。

画像: イタリアの路地を走るから取り回しもラクラク

イタリアの路地を走るから取り回しもラクラク

親会社のフェラーリから譲り受けたスーパーカー用のエンジンを搭載。アクセルを踏み込むと「神の歌声」に包まれる臨死体験が味わえる。

画像: フェラーリ製のエンジンだ

フェラーリ製のエンジンだ

【スペック】全長×全幅×全高=4510×1820×1295mm。デザイン重視ながら後方視界が良く、比較的コンパクト。新車時の価格は1390万円。中古でお値段なんと300万円台。イタリアの超名門車がこの値段で買えるなんて夢のようだ。

インテリアもゴージャス!

操作性もスポーツカー的なのに一応大人4人が座れるし、視界が良いので車庫入れなどでの取り回しも悪くないなど意外に実用的。ただ後席は座れなくもないが、荷物置き場として割り切るべし。

ドライバーを抜けばキャディバッグは積みやすい

2名乗車では、キャディバッグを後席とトランクに置こう。ウッド類なしなら難なく搭載でき、ドライバーは少し斜めに入れれば無理がない。トランクの床下にもシューズ類が入るスペースもある。ポイントはゴルフバッグを搭載できる窪みがあること。これでゴルフ場までの移動を優雅に楽しめるぞ。

「マセラティ グランスポーツ」は300万円台から狙うことができる。「イタ車は壊れる」は過去の話。安くて実用的なイタリアの官能マシンをぜひ一度検討してみてはいかがだろうか。

撮影/池之平昌信

関連記事はコチラ

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.