全日本ショートコース選手権第二戦目です!

6月25日(土)、横浜市戸塚区名瀬町にある羽根沢ゴルフクラブ(845ヤード、パー27)で全日本ショートコース選手権関東B予選が開催されました。競技は9ホールを2周まわる18ホールストロークプレー。ハンディなしのスクラッチ戦です。

画像: この日も小技自慢が大勢集まった

この日も小技自慢が大勢集まった

前日の夜から降り出した雨は、スタートの7時半にはやんだものの、時おり強く吹く風は残り、選手を悩ませることとなった。

今回B予選から決勝への進出枠は8人。昨年の全日本決勝2位の鍛冶靖征さん、5位の真野義英さんも、このB予選に登場! ハイレベルな戦いが予想された。

画像: レフティの真野さんから繰り出される鋭いショット

レフティの真野さんから繰り出される鋭いショット

その真野さん、前半の7番まで3つスコアを落とす厳しい展開。8番84ヤードの打ち下しで5メートルを決め、ここから調子を取り戻した。最大のピンチは14番(5番)、羽根沢最難関の138ヤード。入れてボギーの5メートルをしぶとく決めた。「あのパットが外れてダボになっていたら、予選落ちだったかも・・・」。

画像: どの組もそれぞれ白熱した戦いを繰り広げていた

どの組もそれぞれ白熱した戦いを繰り広げていた

この日のトップは関口豊範さんと西川岳朗さんの1アンダー。4オーバーまでの上位8人が10月29日(土)に北谷津ゴルフガーデンで開催される全日本ショートコース選手権2016の出場権を獲得した。

1アンダー 関口豊範/西川岳朗
3オーバー 真野義英/鍛冶靖征/柴崎高賜/高野直樹
4オーバー 生田正行/須貝芳幸

画像: トップは関口さん(左)と西川さん(右)のふたり。1アンダーの高レベルな戦いだった

トップは関口さん(左)と西川さん(右)のふたり。1アンダーの高レベルな戦いだった

熱中対策水で熱中症予防!

画像: 熱中対策水で熱中症予防!

今後のショートコース選手権予選は、「関東」が鳴沢、竜ヶ崎、花湯の森、「関西」がよみうりと続きますが、すでにこの4会場は“キャンセル待ちで受付”となっております。「中部」「中四国」にはまだ若干名余裕がありますが、大会が近づくと満員になることも考えられますので、エントリーはお早めにどうぞ!

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.