アース・モンダミンカップで2016年シーズン2勝目をマークし、賞金ランキングも遂にトップに躍り出たイ・ボミプロ。今シーズンも安定感のあるプレーを続けています。

そんな彼女の活躍の原動力となっているのが、どこにも力みのない、でもしっかり飛距離と正確な方向性を生み出すあのスウィング。

月刊ゴルフダイジェスト2015年9月号でそのスウィングの秘密に迫っていたんです!

いったい、どんな風に振っているのか。改めて彼女のアイアンショットのスウィングのポイントを探ります!

Q.ピンに絡むアイアンショットを打つために必要なことは?

A.左に乗って振りぬくことです

画像: 体重が右に残ったらダメですよー

体重が右に残ったらダメですよー

一時期、アイアンの調子があまりよくなくて、なかなか勝てない時があったんですけど、そのときにコーチに言われたのが、「体重が右に残ってるからもっと左に乗ったほうがいい」というアドバイスだったんです。

そこを気を付けるようにしたらすぐ優勝できました。ドライバーもアイアンもスウィングは基本的には同じです。

Point1
バックスウィングは体が流れないように

画像: 右にスウェイしちゃダメですよ

右にスウェイしちゃダメですよ

ダウンスウィングは左に移動するけど、バックスウィングはその場で体を回す。右にスウェイしたらインパクトで戻れずにミート率が下がります。

Point2
スクェア感は左腕で感じる

画像: 左腕の感覚が大事なんです

左腕の感覚が大事なんです

フェースの向きは左腕で感じるようにします。腕がねじれるとフェースの向きが開いたり、閉じたりしてしまうから、腕をねじらずに振ることが大切です。

Point3
ダウンブローのイメージで打つ

画像: 上から打つイメージで

上から打つイメージで

ドライバーはアッパーだけど、アイアンはダウンブローに上から打つイメージを持つことが大切です。

いかがでしたか?ボミちゃんのスウィングのヒミツ、是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

写真/有原裕晶、大澤進二、岡沢裕行

※なお写真は2015年シーズンに撮影

発売中の8月号では、イ・ボミプロをはじめとした、女子プロたちの飛ばしの秘密が満載です!ぜひご覧ください!↓↓

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.