今週の月→金コラムは、世界でも数少ない、フィジカル(体)、メンタル(心)の両面からゴルフを教えることができるティーチングプロ、ドクター・デビッド・ライトの実戦メンタル・トレーニングをご紹介しています。前回は、スウィング前とスウィング中における考え方を紹介しました。今回は実戦で使えるドリルを紹介します。

画像: Dr.ライトのメンタル講座Vol.3練習場でもできる”メントレ”とは?

ドライビングレンジでもできるメンタル・トレーニング

コースでは、フィーリングを重視し、メカニカルなスウィングチェックは、練習場でやりましょうといいました。しかし、練習場でもメカニカルなチェックは素振りで行い、ボールを打つ時はフィーリングで打つことをおすすめします。

フィーリングで打つということは、バランス、テンポ、を重視するということです。もし、テンポ、バランスが崩れていたら、次の2つの方法を試してください。

①スウィング中、グリップのプレッシャー(力のかけ方)を
 アドレスからトップ、インパクト、フィニッシュまで一定にする。

トップ、あるいはインパクトでグリップがゆるんでしまうと、スウィングのリズムもわるくなってしまします。アドレスから、トップ、フィニッシュまで、グリップの力加減を一定にするようにスウィングしてみましょう。

②バックスウィングとダウンスウィングのスピードを一緒にして打ってみる。

バックスウィングが速すぎたり、ダウンスウィングに入るタイミングが早すぎるのも、バランスを崩す原因となります。バックとダウンのスピードを同じにしてショットしてみましょう。

この2つを実践することで、いいフィーリングのスウィングがもどってくるはずです。トップで1度止めて、そこからスウィングするというドリルも効果的です。

練習場では、ただ無闇にたくさんボールを打つのではなく、次の方法をおすすめします。

1本で1球、13本で13球打つドリル

まず、コースと同じようにボールを打つのが基本です。ボールの後方に立って、コースと同じようにルーティンを行います。もちろんフィジカルなものとメンタルなもの、両方を行ってください。いつものように素振りをして素振りと同じフィーリングでスウィングします。

打つのはひとつのクラブで1球だけです。そうです。たとえミスショットしても、1本のクラブに対してえ1球だけです。13本で13球。それを何度も繰り返すことです。1本のクラブで10球も20球も打たないでください。打つ前はターゲットのイメージだけを、頭の中でビジュアル化してください。

画像: コツはドライバーからウェッジまで1球1球を大切にショットすること

コツはドライバーからウェッジまで1球1球を大切にショットすること

ミスショットが出たら、もう1度、素振りをして、いいスウィングのフィーリングだけつかんだら、クラブをバッグにもどし、次のクラブで打つことです。

こうすれば練習場でも、メンタル面のトレーニングができます。

1946年、バージニア州生まれ。
カリフォルニア・ロングビーチ大学卒業後、USCサンディエゴで博士号を取得。PGAティーチングプロの資格をとり、PGA、LPGAのツアーを教えるかたわら、ペリカンヒルGCで一般アマチュアに対するティーチングも行っている。フィジカル(体)とメンタル(心)の両面を教えられる数少ないプロである。

(1995年11月チョイスVol.89)

関連の記事はこちら↓↓↓

Dr.ライトのメンタル講座Vol.1 緊張を和らげる「魔法のルーティン」

Dr.ライトのメンタル講座Vol.2ナイスショットを頭に描こう

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.