番記者のH部です。

もうすでに皆さんご存知かと思いますが、今週北海道で行われている日本プロゴルフ選手権から、伊澤利光プロがツアー復帰を果たしました。

画像1: お帰り「イーさん」!
伊澤利光ツアー復帰!(^^)!

12オーバーで127位タイの予選落ちというほろ苦い結果にはなりましたが、2日目は1オーバーの73で回り、「これぐらいじゃないですか」と本人も納得できた様子。

本格復帰に向けて、いよいよ期待が高まってきますね!(^^)!

レギュラーツアーに出場しなくなってからは、福岡の博多駅前にスクール「IZAWA GOLF ACADEMY」を開いて、そこでレッスンをしたり、ゴルフ中継の解説をしたり、忙しい日々をすごしていました。月刊ゴルフダイジェストの連載でもおなじみですよね♪

画像2: お帰り「イーさん」!
伊澤利光ツアー復帰!(^^)!

どのような経緯で復帰を思い立ったのか?日本プロの練習日に、本人に直撃インタビューしてきましたので、伊澤プロのコメントを載せていきますね。

復帰を思い立った理由はどんなところにありますか?

そうですね。プライベートのラウンドで回っても、フェアウェイキープ率もいいしアンダーパーで回れるようになってきたので、そろそろ出てみようかなと。自分の感じではちょっとずつゴルフが良くなってきているんで、あとは実戦でどんどんとやっていかないとというところです。まだ練習が足りてないかなと…。

画像: 仲良しの増田プロと練習ラウンド

仲良しの増田プロと練習ラウンド

実際にチャレンジツアーで出場していましたが手ごたえはつかめましたか?

若い選手と回ったんですが、そんなに飛距離でもおいてかれなかった。ドライバーが10㍎差ぐらいでしたかね。あれ、まだいけるんじゃんって思いましたよ(笑)。成績は予選落ちでしたけど、そこそこ手ごたえはありました。*小鯛竜也選手と櫻井勝之選手とラウンド

練習は普段どれくらいされているんですか?

週に2、3回コースに行って、ラウンドしたり100~200球打ったりという感じですね。やはり足りていると思わないです。体脂肪が昔は7~8%だったのが、今は10%近くありますからね。もう少し絞らないと。

画像: 練習場では他のプロと談笑する姿も

練習場では他のプロと談笑する姿も

パターは長尺をやめてノーマルの長さに戻しましたね?

そうですね、まあとりあえず今の短い長さでもダメじゃないんで、これでいきますよ。ダメならダメで、また長尺に戻してアンカリングしなければいいでしょ(笑)。

今後の予定は?レギュラーツアーに本格復帰ですか?

「推薦あげるよ」とよく言われるんですが、あくまでゼロからのスタートなので、一番下から積み上げていこうと思っています。ですから本戦(レギュラーツアー)の推薦はもらわないつもりでいます。マンデーの推薦ならもらって、そこで頑張って本戦の出場権を狙います。チャレンジの推薦はいただけるならいただきたいですけどね。

久々にツアーに帰ってきていかがですか?

いろんな人から「イーさん、イーさん」(イーさんとは伊澤プロのあだ名)と言われて、なんだか嬉しくなっちゃいますよね。できたら来年はこの舞台にしっかり戻ってきたいですね。

画像: 旧知の仲のマークセンと握手するシーンも

旧知の仲のマークセンと握手するシーンも

と、現在の心境を語ってくれた伊澤プロ。

練習日には、来る人来る人から握手を求められていて、さらに取材陣がぶら下がり、やはり「伊澤利光ここにあり」という感じでしたね。本格復帰が待ち遠しいデス。また情報が入りましたらお届けします!(^^)!

画像: 取材陣に囲まれる伊澤プロ

取材陣に囲まれる伊澤プロ

月刊ゴルフダイジェストの伊澤プロの連載を読みたいかたは、こちらをチェックしてくださいね~⤵

写真/有原裕晶

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.