腰痛を防ぐにはおなかの深いところの筋肉″インナーマッスル″を鍛えておくことが大切です。ユルユルおなかじゃ腰を守れない。前編では、「おなかを鍛えるエクササイズ」をご紹介しております。合わせてご覧ください!

インナーマッスル使えてる?

「その″クセ″を続けていると腰を痛めますよ!」と警鐘を鳴らすのは、都立大整形外科クリニック理学療法士の倉地洋輔さん。ついついしちゃうクセの中にも、腰を痛める要因はたくさんあります。皆さんは大丈夫ですか?

チェックする項目は2つ。正しい立ち方をしているかと姿勢に気をつけて歩いているかということ。横から見ると一直線が正しい立ち方になります。猫背でおなかが出ている立ち方は×。歩くときも、足はかかとから着くのがポイントです。

キュッと上体を支えよう

インナーマッスルを鍛えるには、おなかの他に背骨まわりのエクササイズが効果的です。背骨まわりが硬いと腰に無理な動きをさせてしまいます。きちんと背骨を動かせるようになりましょう。

画像: 教えてくれたのは、 米国ネバダ州立大学公認ピラティススタジオ 「DMJボディバランシング東京」マネージャー 三村美絵さん

教えてくれたのは、
米国ネバダ州立大学公認ピラティススタジオ
「DMJボディバランシング東京」マネージャー
三村美絵さん

背骨エクササイズ1
アーチ&カール

背骨全体を動かしてあげましょう。背骨を少しずつ丸めたり伸ばしたりを繰り返します。体全体を閉じていき、次に開いていく。ポイントは絶対に腹筋はゆるめないこと。おなかの力が抜けると腰を痛めるので要注意です。

背骨エクササイズ2
ローワーバックストレッチ

背骨まわりを動かす動きになります。姿勢よく立ち、上体を前に倒していきます。腰から曲げるのではなく、背骨を少しずつ曲げる。背骨が丸まりきったら、左右にひねるとわき腹にも効きますよ。

超簡単ストレッチで完ペキだ

太ももの裏も伸ばしておけば、もっと効果を得られます。太ももの裏が張って硬いことも腰痛につながります。おなか、背中まわりはもちろんだけど、ここもほぐしておくということなし!

ラウンド前など、カートに足をかけてもできます。椅子に片方のかかとを乗せ、両手は乗せたももの上に揃える。そのまま上体を前に倒していき、ももの裏側をじんわり伸ばしましょう。

これを毎日10分でも続ければ、効果が出ること間違いなし!ぜひラウンド前後や上でも試してみてくださいね。キュッと引き締まったおなかになれば、もう腰痛なんて怖くない!

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.