スタートホールの横、ラウンド直前の人が慌ててストレッチする姿、よく目にしませんか?でも、ずいぶんと体が硬そう。硬い人には硬い人のストレッチ方法があるんです。前編も合わせてご覧ください。

「前編では下半身のストレッチ、後編では上半身メニューをご紹介します。下半身メニュー⇒上半身メニューで行うと効果的です。お風呂上りがベストですね」そう話してくれたのは、パーソナルトレーナーの植田理恵子先生。

教えてくれた人

画像: 植田理恵子先生 アメリカ留学を経て、ゴルフコンディショニングやボディメイキングの指導を行っている

植田理恵子先生
アメリカ留学を経て、ゴルフコンディショニングやボディメイキングの指導を行っている

下半身メニューと同じ、バスタオルを使うんです。家でストレッチ10分、入念に行いましょう。

画像: 教えてくれた人

上半身メニュー

1:肩甲骨

画像: 1:肩甲骨

お尻をつけて座り、手を腰につけたらひじにひっかけたバスタオルを反対の手で引っ張ります。

2:肩周り

仰向けになり、背骨の下に丸めたタオルを入れます。両腕を上げ下げして肩周りをほぐしましょう。

画像: このような感じで丸めましょう

このような感じで丸めましょう

3:肩甲骨まわり

2同様、仰向けになりましょう。腕を体の正面に立てて、上げたり下ろしたりします。肩甲骨を意識しましょう。

4:脱力・深呼吸

画像: 4:脱力・深呼吸

バスタオルに背骨を入れたまま、両腕、両手を広げて脱力氏、深呼吸します。

前の日にバスタオルストレッチを行います。そしてコースに行ったら、10分間、体をほぐす程度ににウォーミングアップをしましょう。動きのあるストレッチを行うといいですね。

ラウンド直前にやるのではなく、余裕を持って前の日に行うと効果的なんですね。皆さんも、ぜひ時間に余裕を持ってストレッチしてくださいね!

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.