気になるあの1本から話題の新作まで幅広く徹底試打をしている企画「全力試打!ギア王」。今回は、ゼクシオの9代目となる「ゼクシオ ナイン」と「ゼクシオ ナイン Miyazakiモデル」の2本を打ち比べてみた。

「ゼクシオ」といえば初代が2000年に登場して以降、もはや国民的クラブと言っても良い人気シリーズ。ダンロップから発表されたラインナップを見て「Miyazakiモデル」って何だ? と気になった人も多いに違いない。実は今回の9代目ゼクシオには2つのモデルがあり、それぞれ個性が違う。見た目が黒になって締まった印象を持つことができる「Miyazakiモデル」。いったいどのように進化したのか探ってみよう。

画像: 「ゼクシオ ナイン」●ロフト 10.5度 ●シャフト MP900(S)、「ゼクシオ ナイン Miyazaki」●ロフト 9.5度 ●シャフト Miyazaki Melas(S)

「ゼクシオ ナイン」●ロフト 10.5度 ●シャフト MP900(S)、「ゼクシオ ナイン Miyazaki」●ロフト 9.5度 ●シャフト Miyazaki Melas(S)

「ゼクシオ ナイン」はスライスが出ない!?

まずは「ゼクシオ ナイン 」の純正MP900装着モデルから試打。構えた顔はゼクシオらしく安心感のある“ややフックフェース”のつかまり顔だ。クラウン部分にフェース面が伸びているようなデザインが9代目の進化のように思える。安心して振ることができるように、ロフトが多く見えるように工夫されている。

構えたときにフェース面が見えるので安心感がある

ライ角がアップライトに設計されているのが分かるだろうか。これがつかまりやすい要因のひとつ。また、フェース面はシャローで、いかにもボールが楽に上がってくれそうだ。ヘッドサイズが460ccでここまでシャローだと、構えた時に大きく見えるのも当然。それが安心感につながるわけだ。

ゼクシオならではの高く澄んだ音が心地いい。そして安定してドロー系の高弾道の球を打つことができる。飛ばそうとしなくても、自然につかまって高初速で飛び出してくれるようだ。クラブ重量が272gと軽量なので、自然とヘッドスピードも上がる。ヘッドも効いてるので軽さによる頼りなさを感じない点も良さだ。

画像: ゼクシオ特有の高く澄んだ打音はこのフェース面から生まれる

ゼクシオ特有の高く澄んだ打音はこのフェース面から生まれる

9代目となる「ゼクシオ ナイン」はヘッドだけでなく、シャフトにも力を入れて開発したとのこと。研究と実験を重ねて開発されたのが純正シャフト「MP900」。手元側に重心がある軽量タイプだが、とにかく振りやすい。ヘッドの弾き感と相まって、極限まで振りやすくなった。

また、振り抜きやすく設計されているので、ヘッドスピードに自信のないゴルファーでも十分に飛距離を出せる。右にすっぽ抜けるということがなくつかまり、スライスに悩むゴルファーにも力まずに安心して打てる、ドライバーが苦手なゴルファーにとって心強い武器なるだろう。

画像: 9代目ゼクシオに採用された純正シャフト「MP900」

9代目ゼクシオに採用された純正シャフト「MP900」

「Miyazakiモデル」はゼクシオに“アスリート”の要素が加わった

次にお待ちかねの「Miyazakiモデル」。シャフトには新開発のシャフト「Miyazaki Melas」が装着されている。「ゼクシオ ナイン」の純正モデルはヘッドが濃紺色だったが、このモデルはシャフトの色に合わせて黒になっている。

構えてみたところ形状に大きな違いは感じないが、黒というだけあって“締まった”雰囲気を醸し出している。全体的にシャープな見た目で「ゼクシオ」らしくない印象だが......。

画像: クラウン部分も黒に染まっているので締まった印象を持つことができる

クラウン部分も黒に染まっているので締まった印象を持つことができる

フェースは一般的なドライバーに比べるとシャローな部類に入る。しかし、純正モデルと比較すると、フェースに少しだけ“厚み”が増したように感じる。フェースの弾き感や澄んだ打音、球の上がりやすさは純正モデルと同じように抜群の良さだが、つかまりという点においては純正モデルのように、自然と高弾道のドローを打てるというわけではない。「Miyazakiモデル」の方は、高弾道だが操作性が高く、ドローボール一辺倒というわけではない。

また、クラブ重量が299グラムと純正モデルより27グラム重くなったからか、しっかり振り切る必要があるように感じる。

画像: 純正モデルよりもフェースに厚みが増した「Miyazakiモデル」

純正モデルよりもフェースに厚みが増した「Miyazakiモデル」

多少ハードヒットしても、球が吹き上がることがないのは、ヘッド性能か、シャフトの性能なのか......。ただ、確実に言えることは「Miyazaki Melas」シャフトは「叩ける人」に合っているということだ。思い切り振りに行ったときのシャフトの暴れも少ないし、ドライバーを叩いても方向性は安定する。

今までのゼクシオのイメージは「クラブが仕事をしてくれて飛ばしてくれる」だった。しかし、「ゼクシオ ナイン Miyazakiモデル」はそうではない。自分でしっかり振る必要があるし、それに応えてくれるだけのスペックに仕上がっている。あくまで目安だが、ヘッドスピードが43m/sくらいあると性能をフルに発揮できるだろう。

画像: 新しくゼクシオに装着されることになった「Miyazaki Melas」シャフト

新しくゼクシオに装着されることになった「Miyazaki Melas」シャフト

もちろん、ゼクシオだからやさしいドライバーであることには違いない。従来のやさしさに「アスリートの要素」が加わったのが「Miyazakiモデル」と考えてよいだろう。ヘッドスピードに自信があるというゴルファーには「Miyazakiモデル」の方が球が吹き上がらないし、方向性も安定するのでオススメだ。

動画はこちらから

画像: ゼクシオ ナイン ドライバー「MP900」「Miyazaki メラン」 youtu.be

ゼクシオ ナイン ドライバー「MP900」「Miyazaki メラン」

youtu.be
画像: www.youtube.com
www.youtube.com
GOLF5

This article is a sponsored article by
''.