全国に55のコースを造り、しかし西日本に名コースが多かったことから「西の上田」と称えられる上田治。氏のコースデザイン哲学に迫るコラムの後篇。

前篇はこちらからどうぞ↓

33歳、若き設計家を襲った悲劇

私たちの廣野が壊されていく……フェアウェイは芋畑に、ラフは肥溜めに……

廣野GCの支配人をしていた上田治を、避けられない悲劇が襲う。それは、太平洋戦争の幕開けだった。国の命令によりコースは壊され、人々の食料となるサツマイモを栽培する農地となった。ラフには肥溜めが作られ、きれいに整備されていたグリーンは戦闘機の滑走路へと姿を変えた。

画像: 昭和19年6月にコースの閉鎖が決定。戦時農場と化した廣野GCのクラブハウス周辺には農機具が置かれ、名門の面影は無残にも失われていった…

昭和19年6月にコースの閉鎖が決定。戦時農場と化した廣野GCのクラブハウス周辺には農機具が置かれ、名門の面影は無残にも失われていった…

アリソンの設計図をもとに、自身も造成に携わった廣野。グリーンキーパーを経て、ついには支配人まで務めるようになった愛すべき廣野が、無残にも潰れていく。何より辛いのは、自分で造り管理していたコースを、自らの手で壊さなければならなくなったことだった。

忸怩たる思いで芝草を掘り返す上田の目からは、大粒の涙がこぼれたことだろう。国のため、人々のために土地を提供すべき立場に置かれた上田。この悲しい経験は、後の設計家としての信念につながっていくのだった。

コースを造って欲しいという思いには、応えなあかん

自らのコースを壊さなければならない悲劇を経験した上田。設計家として独立した後も、その辛い思いを忘れることは決してなかった。廣野の支配人時代に味わった寂しさや悲しさを、もうこれ以上誰かに経験させてはいけないと胸に刻んだ。

設計の依頼があれば時間の許す限り上田は仕事を引き受けていた。ゴルフジャーナリストの故・田野辺薫氏は生前、上田について次のように語っていた。

「関西地方は山岳や丘陵が多く、中にはゴルフコースなどとても作れない土地からの依頼もあったのかもしれません。それでも上田さんは『自然に勝る師はいない』という信念を持ち、コースを設計していたのだと思います。自分の知識をひけらかさずに、作品を見てもらって勝負する、生粋のクリエーターだったのではないでしょうか」

画像: 茅ヶ崎GC・1番340Y・P4 距離は短いが、フェアウェイの複雑なアンジュレーションと、上田特有の深いバンカーが効いており、見た目以上に手応えがある

茅ヶ崎GC・1番340Y・P4 距離は短いが、フェアウェイの複雑なアンジュレーションと、上田特有の深いバンカーが効いており、見た目以上に手応えがある

「平らな林間コースこそ至上」その風潮に上田は一石を投じ続けた

立体的なコースならば、いつまでも飽きないはずや。

日本にゴルフ文化が根付き始めた昭和30年代半ば、雑誌や新聞にはできたばかりのゴルフコースの広告が舞い踊っていた。その謳い文句は決まってひとつ。「松の林でセパレートされたフラットなチャンピオンコース」というものだ。設計家の川田太三さんが解説してくれた。

「ブルドーザーが登場し、土地を平らに均したコースこそが良いコースだという風潮があったのがその時代。しかしゴルフとは本来、上下、斜めにも打っていくゲームです。海外の名コースを見た上田さんは、なるべく立体的なコースをつくろうと心がけていたように思うんです」

上田が引き受けた仕事には、山岳や丘陵地帯を切り拓かなければならないケースも多々あった。与えられた土地で魅力あるコース造りを志す上田にとって、それは格好の素材だったのだ。

画像: 大阪GC 写真/中居中也

大阪GC 写真/中居中也

当時の一般的なゴルフコース設計は、なるべくフラットにすべく土地の平坦な部分を利用したり、斜面を重機で均して造成していた。距離を長くできるが、似たようなホールがどうしても多くなってしまう。

上田流のレイアウトは違った。天然の斜面や隆起をできるかぎりそのまま取り入れる。その土地の性格が色濃く現れ、魅力的なホールが数多く生まれた。

画像: 大阪GC できる限り土地に手を加えず作られたため、印象的な景観が続く。写真/中居中也

大阪GC できる限り土地に手を加えず作られたため、印象的な景観が続く。写真/中居中也

画像: 大阪GC 土地の隆起をダイナミックに生かしたフェアウェイ。上田が影響を受けたアリソンの作品、川奈GC富士コースに通ずる部分が見受けられる 写真/中居中也

大阪GC 土地の隆起をダイナミックに生かしたフェアウェイ。上田が影響を受けたアリソンの作品、川奈GC富士コースに通ずる部分が見受けられる 写真/中居中也

画像: 大阪GC 海や木々を借景にした印象的なホールがいくつも並ぶ 写真/中居中也

大阪GC 海や木々を借景にした印象的なホールがいくつも並ぶ 写真/中居中也

平野に凛と佇む名コースを多く作った井上誠一氏が「静の井上」と呼ばれるのに対し、うねる斜面をダイナミックに使ったコースを多く残した上田。剛のコースデザインが生まれた背景には、自身の悲しい経験を糧に、どこにでもコースを作ってやろうという気概があった。

※この記事は、月刊チョイス2010年10月号を再編集したものです

【関連記事】

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.